好きな映画をさがして!

人に薦めたい映画DVDを、B級、洋画がメインに、独断有り、勘違い有り、思い込み有りですが、少しだけ鑑賞の参考になれたら幸せです。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

どうも長い間御無沙汰でした

あれからもう1年以上のブランクがあったのですね^_^;
時代も変わり今携帯から書きこんでいます^_^;
映画鑑賞も月一程度に成ってます^_^;
今月はキャプテンアメリカでした。
前作よりは面白いですV(^_^)V
詳細は後日と言う事で、
又よろしくお願い致します
ワトソン
スポンサーサイト

| ギミ・ア・ブレイク! | 11:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロックファンは必見かも!

NHKのBSで10:00PM~ロック映像が放送されていたのをご存じでしょうか?
所謂完全保存版「伝説のギタリスト」というのですが、
私には保存したくても出来ないのがつらいのですがこれは見逃せない内容です。
今夜で2回目らしいですがいわゆる掘り出し物が続々放出されていたのです。
チャック・ベリーの最新映像に時代を感じたり、
ジミ・ヘンの勇士に涙したり(それにしても指が長い事を発見したり)、
BBキングも座り込んでのプレイだったり
ロックの基本はブルースからみたいな出演者でしたが
NHK制作らしいのでそのうちにDVDになって買える日が来ると良いなあと
貴重な映像に感動しています。
明日も観るぞ!イエーなんちゃって

| ギミ・ア・ブレイク! | 00:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サリンジャー

ライ麦畑でつかまえてライ麦畑でつかまえて
(1985/09)
野崎 孝

商品詳細を見る


内容 アマゾンより
1951年に『ライ麦畑でつかまえて』で登場してからというもの、
ホールデン・コールフィールドは「反抗的な若者」の代名詞となってきた。

――もし君が本当に僕の話を聞きたいんだったら、おそらく君が最初に知りたいのは、僕がどこで生まれただとか、しみったれた幼年時代がどんなものだったかとか、僕が生まれる前に両親はどんな仕事をしていたかなんていう「デビッド・カッパーフィルド」調のやつなんだろうけど、僕はそんなこと話す気になんてなれないんだな。第1、そんなの僕自身退屈なだけだし、第2に、もし僕が両親についてひどく私的なことでも話したとしたら、2人ともそれぞれ2回ずつくらい頭に血を上らせることになってしまうからね――。

感想
「ライ麦畑でつかまえて」の作者DJサリンジャーが1月27日に亡くなったと言うニュースが
新聞で踊った時、ひさしぶりに懐かしく「ホールデン」を思い出した。
この作品でユーモアを学んだといえば言い過ぎだろうか。
それにしてもそろいもそろって個性的な人物がいたものです。
絶対にこの作品は映画化したら面白いだろうという思いは私だけではないだろうが。
作者の希望で映画化は無いのかもしれない、時代は変わったし何とか映像化して欲しいところです。

それと翻訳によって雰囲気が変わってしまうのですね。
野崎孝と村上春樹を読めば全然別のホールデンがイメージされてしまうでしょう。
映画の字幕も吹き替えも人によって違う印象になってしまうし
声優も違和感のある人もたまにはいますよね。

ついでにこの一人称の話と言うのがハマるとどうしょうもなく面白いのですよね。
「坊ちゃん」「フィリップ・マーロー」「ハックルベリー」は奥が深く
どれも傑作で一生物と言っても過言ではないですね。

| ギミ・ア・ブレイク! | 22:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新年おめでとうございます

2010年のトラ年が始まりましたね。
今年もよろしくお願いいたします。

年始早々にお勧めしたい映画もなくて申し訳ありませんが、
プロフィールの猛犬は「JACK」という愛犬です。
(ジャック・バウワーとジャック・スパローから頂きました)
まだトイプードルのパピー(6ヶ月)ですがヨロシク。

| ギミ・ア・ブレイク! | 13:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スーパーフライってどうなんだろう?

どうにも気になるのが日本のポップスビジネス界の意識レベルの低さというか、
売れれば何でも有りという商魂に白ける今日この頃です。
日本にはロックもどき?はあっても傾聴に値するロック音楽は
皆無なのに改めて閉口しています。

とにもかくにも「ほとけを作ってたましい入れず」でしたか?
内容が無い空虚な歌が多い。
それはそれとして洋楽からのパクリもここまでやると目に余る気がします。
影響を受けたとかのレベルをこえた厚顔無恥な神経に親の顔が見てみたい
という気もちです。
例えば先日武道館ライブをやってしまったという。
最近よく見かけるスーパーフライというなりきりバンドですが、
大ヒットしたらしい「ハイファイブ」、「やさしい気持ち」を聞くたびに
実は一番おいしいサビの部分だけが好いのですが、そこがパクリの部分なのですね。
と思うわけです。

ちょっと聞いてみて下さい。
面白いですから。
エアプレインとビージーズでどうぞ。



そしてスーパーフライでは


それにしても今の武道館でライブってどんな感じなんだろう?
私の武道館体験はエリック・クラプトンとボブ・ディランの
2回しか有りませんでしたが感動しましたけど。

| ギミ・ア・ブレイク! | 15:51 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。