好きな映画をさがして!

人に薦めたい映画DVDを、B級、洋画がメインに、独断有り、勘違い有り、思い込み有りですが、少しだけ鑑賞の参考になれたら幸せです。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

永遠のモータウンのサントラ

今回はサントラ版です。
ソウル音楽はいかがでしょうか。

永遠のモータウン
(2004/03/24)
サントラブーツィー・コリンズ




ソウル音楽とは何か?の答えが此処にある。
平静では居られない胸騒ぎの期待感に
これが血湧き肉躍ると言うのだろうか
たまらないサウンドです。

小難しい理屈ぬきで愉しめる音楽です。
リズムアンドブルースとソウルミュージックは
同じ物を言っているのでしょうね。

当時シングルでヒットした作品ですが、
この中で歌っている人はオリジナルでは有りません。
この歌が気に入った人にも十分に
オリジナル作品の素晴らしさが
理解出来ると思います。
上には上があるということです。

いま巷で流れている曲にこのグルーブが
感じられないのは残念ですが、
いまは過渡期なのかも知れません。
将来に期待したいですね。

曲目は
1. ヒート・ウェイヴ(ジョーン・オズボーン)
2. ユーヴ・リアリー・ガット・ア・ホールド・オン・ミー(ミシェル・ンデゲオチェロ)
3. ドゥ・ユー・ラヴ・ミー(ブーツィー・コリンズ)
4. バーナデット (インスト)
5. リーチ・アウト・アイル・ビー・ゼア(ジェラルド・レヴァート)
6. エイント・トゥ・プラウド・トゥ・ベッグ(ベン・ハーパー)
7. ショットガン(ジェラルド・レヴァート・フィーチャリング・トム・スコット)
8. 恋に破れて(ジョーン・オズボーン)
9. 悲しいうわさ(ベン・ハーパー)
10. キープ・ミー・ハンギン・オン(ベン・ハーパー)
11. クール・ジャーク(ブーツィー・コリンズ)
12. クラウド・ナイン(ミシェル・ンデゲオチェロ)
13. ホワッツ・ゴーイング・オン(チャカ・カーン)
14. エイント・ノー・マウンテン・ハイ・イナフ(チャカ・カーン&モンテル・ジョーダン)
15. ザ・フリック(アール・ヴァン・ダイク)

チャカ・カーンぐらいしか知りませんでしたが、
みなさん好い味を出していましたね。
ドライブのお供に最適ではないでしょうか。
スポンサーサイト

| サウンドトラック | 19:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マジカリ・ミステリー・ツアーCD★★★★★

ひさびさのサウンドトラックコーナーです。
(じつは映画ネタ切れのため)

カードライブ(旅、通勤)に最適なBGとして
いつ聞いても飽きない
まったく不思議な作品です。
勝手に奇跡の傑作或いは世界遺産と私は呼んでいます(^^;

マジカル・ミステリー・ツアーマジカル・ミステリー・ツアー
(1998/03/11)
ザ・ビートルズ



ジャケットの写真は「アイアムザウォラス」のシーンの着ぐるみです。
ビートルズの描いたバスツアーの映像は
「モンティーパイソン」のような展開でしたが、
笑いどころが判らず只ただ名曲の数々に異国の幻を追いかけていました。

最近通勤中に聞いているのがこのCDです。
「マジカルミステリーツアー」で始まり「愛こそはすべて」で終わる
流れは、まだ遠いイギリスへのあこがれを思い出させてくれました。


確かDVDも出ていると思います。
なんて実は持ってますが(^^;
観ることは殆ど有りません。
車で流すのが好いのです。
なんか別世界(あこがれのあの頃の輝いていたUK)を
想像しながら旅に出るのです。
音楽の向こうに明るい世界があったあの頃へ・・・。

この曲の流れも秀逸では有りませんか。
1. マジカル・ミステリー・ツアー
2. フール・オン・ザ・ヒル (孤高の人)
3. フライング
4. ブルー・ジェイ・ウェイ
5. ユア・マザー・シュッド・ノウ
6. アイ・アム・ザ・ウォルラス (セイウチの歌)
7. ハロー・グッドバイ (すれ違いの歌)
8. ストロベリー・フィールズ・フォーエバー (お墓の話)
9. ペニー・レイン
10. ベイビー・ユーアー・ア・リッチマン
11. 愛こそはすべて(オール・ユー・ニード・イズ・ラヴ) 史上初のTV同時放送作品か?

こまかい解説は省略です。
というか必要なしです。
旅のお手伝いをしてくれるグッズということで。

すべて無駄な曲が無く完璧な空間を埋めています。
今流行の音楽に飽き足りない求道者にお勧めしたいしだいです。

≫ Read More

| サウンドトラック | 10:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「シャイン・ア・ライト」のサントラはまだ聞いてないが。

内容 Amazon.co.jp
オスカー監督、マーティン・スコセッシによるNYのビーコンシアター(キャパ2100人)行われた2006/10/29、11/1のライヴを記録した映画のサウンドトラック。ホワイト・ストライプス、クリスティーナ・アギュレラなどのスペシャルゲストとの共演にも注目。ボーナストラックを含む2枚組デラックス・エディション。
Shine a Light: Original SoundtrackShine a Light: Original Soundtrack
(2008/04/01)
The Rolling Stones





感想
ローリングストーンズ 2年前のLIVEでしょうか。
ハルアシュビー監督の「レッツスペンドナイトツゲザー」以来でもないが
期待がふくらむ記録映画です。
一足先にサウンドトラックで楽しみたいところですが、
輸入盤しか出ていない様です。
アマゾンで注文しようと思います(^^;
ShineALight2.jpg

曲目は
ディスク:1
1. Jumping Jack Flash
2. Shattered
3. She Was Hot
4. All Down the Line
5. Loving Cup (feat. Jack White III)
6. As Tears Go By
7. Some Girls
8. Just My Imagination
9. Faraway Eyes
10. Champagne & Reefer (feat. Buddy Guy)
全14曲を見る

ディスク:2
1. Sympathy for the Devil
2. Live With Me (feat. Christina Aguilera)
3. Start Me Up
4. Brown Sugar
5. (I Can't Get No) Satisfaction
6. Paint it Black
7. Little T&A
8. I'm Free
9. Shine A Light

ということで懐かしいナンバーが並んでいます。

これはファンにはうれしいニュースでしたね。
映画は今秋上映予定らしいが、私らの方では観られるだろうか。

| サウンドトラック | 10:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「アイム・ノット・ゼア」が観たい

吟遊詩人「ボブ・ディラン」の半生を6名の俳優が演じた異色ドキュメント風作品の
サントラ盤2枚組を入手しました。

アイム・ノット・ゼアアイム・ノット・ゼア
(2008/01/23)
サントラ、カレン・オー 他


ジャケットはあのケイト・ブランシェットなのか?

~ サントラ (アーティスト), カレン・オー (アーティスト), ロジャー・マッギン (アーティスト), メイソン・ジェニングス (アーティスト), ロス・ロボス (アーティスト), その他

最近通勤中に聞いているのがこのサントラです。
改めてディラン本人の歌が的を射ていたのが解りました。
洋版だったので、誰が歌っているのかわかりませんが。
唯、それぞれのディランの解釈が歌の中に投影されていると思われます。

いまこのCDを聞ける幸せと、映画公開を待つ幸せを多くの人に伝えたいけど・・・。
やはり(聞いてみるまでは)何が起こっているか解らないだろうMr.ジョーンズ・・てか(^^;

≫ Read More

| サウンドトラック | 23:08 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[小さな恋のメロディ]のサウンドトラック

今回はサントラの勧めです。
私が持っているCDのサントラは実はこれだけです。
今度欲しいのは「ブレードランナー」と
「ブラックスネークモーン」が有ればと思ってます。
小さな恋のメロディ ― オリジナル・サウンドトラック小さな恋のメロディ ― オリジナル・サウンドトラック
(2002/05/02)
サントラビージーズ



さて、映画は当時の平和なイギリスの街なみが使われていて、
それだけでも観る価値が有った作品でした。



35分 1972年
音楽:ビージーズ、リチャード・ヒューストン・オーケストラ、CSN&Y

イギリスのバンド「ビージーズ」のコーラスサウンドが心地よく、
何は無くても、一家に一本の名作です。

一曲目はロンドンの街の朝から始まる映画にぴったりの出だしです。
♪新しい朝がきた~という感じで、新鮮な空気が美味そうな曲です。

1. イン・ザ・モーニング(ビー・ジーズ) 歌付
2. イン・ザ・モーニング(リチャード・ヒューソン・オーケストラ)

≫ Read More

| サウンドトラック | 17:13 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。