好きな映画をさがして!

人に薦めたい映画DVDを、B級、洋画がメインに、独断有り、勘違い有り、思い込み有りですが、少しだけ鑑賞の参考になれたら幸せです。

2009年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2009年の観て好かった映画

2009年は今日で終わりです。
そこで今年映画館で観た映画のまとめをしてみました(^^;
メモを見ると38本しか観ていないのですが、
10本に絞るのに悩みました(^^;

何故かというと映画館へ行くときにはすでに
面白いと思う作品しか眼中に無いからです。
映画館に行ってから決める事はまず有りませんしね。

さてBEST10には選んだけれど、
順位はまったくの好みで決めました。
(ミステリー、SF、ホラー、アクションが好きなので)


1、チェンジリング(アンジーの熱演で)

2、96時間(こんな親父が欲しかったね)

3、シャイン・ア・ライト(ストーンズが好きなのでこれは外せない)

4、2012(崩壊のカタルシスが凄い、種の保存での自己中も見どころ)

5、ウルヴァリン X-MEN(続編が観たい出来)

6、ワルキューレ(トムが好かった)

7、スタートレック(ビギニングだから必見)

8、グランドトリノ(クリントが渋い、ラストが泣ける)

9、スペル(ばあさんストーカーは怖い)

10、アバター(自然を育てる時間は長く、壊すのは一瞬なのね)

ということで落ち着きました。

ついでに期待はずれの作品は
「天国と悪魔」、「さまよう刃」、「ホワイト・アウト」でした。
ミステリーでは致命傷のラストのお粗末さにカタマリました。

正月にどうしても観たい作品が無いのはつらいところですが、
「釣りバカ」でも観て「映画バカ」になりたいと思います。

いろいろお世話になりました2009年でしたが、
2010年も宜しくお願い致します。
ワトソン




スポンサーサイト

| 気になる洋画 | 09:31 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イングロリアス・バスターズ ★★★

イングロリアス・バスターズ オリジナル・サウンドトラックオリジナル・サウンドトラック
(2009/11/11)
サントラデヴィッド・ボウイ



監督:クワンティン・タランティーノ
出演:ブラッドピット、クリストフ・ヴァルツ、ダイアン・クルーガー

戦争アクション
お勧め度:★★★
アメリカ 2009年

内容
・戦争フィクションがアクションは少なめです。
・戦争だからか人が簡単に殺されてます。
・タランティーノ作品に付き物の会話劇は健在です。
・1章では隠れユダヤ人一家が襲われます。
・2章でブラピ率いるドイツ軍バスターズ(殺戮集団)の話。
・3章では1章の生き残り美少女が映画館で復讐を計画。
・4章でバスターズが2重スパイの女優と居酒屋で打ち合わせ中に大乱闘が。
・5章でドイツ軍のトップが集まる映画館の試写会には爆弾が仕掛けられていた。
ラストはどんでん返しでした。

感想
ちょっとやり過ぎた感じがあるので退いてしまいましたが、
微妙な面白さです。だからどうしたという程度の印象ですが、
なんといっても見所は「ブラピー」ではなくて、
ユダヤキラーの切れ者「クリストフ・ヴァルツ」ですね。
探偵になっても成功したかもしれないコロンボ並みの推理で追い込んでゆきます。
他はいつものタラちゃんの遊びですね。

これはと思ったのは哀愁あるマカロニウエスタンの曲が効果的に使われていたことです。
かといって何度も見返しが効く作品でもない気もします。

どちらかというと滅入る、あるいは落ち込む作品といったほうが
いいのだろうか。

観かたによっては面白いのかもしれません、人を選ぶ作品です。
私には期待外れでしたが。

| 戦争映画 | 21:26 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

アバター★★★★

アバターアバター
(2009/12/23)
サントラレオナ・ルイス

商品詳細を見る


監督:ジェームズ・キャメロン
出演:サム・ワーシントン、シガニー・ウイーバー

SFアドベンチャー
お勧め度:★★★★
2009 アメリカ 2H52M

内容
身体障害者の主人公には双子の兄がいたとさ。
その兄は科学者でね。有る企業のために有る惑星で原住民を手なずけるために
分身(アバター)を研究していたが、何故か死んでしまったのですね。
そこでそのアバターを無駄にしないために弟が惑星にやって来たわけです。

惑星には宝が埋もれていてその上で生活している原住民が会社には邪魔な訳です。
弟は泣く子も黙る海兵隊でしたが良い人だったから、企業の悪事について行けず
原住民のために戦う事になるのですね。
どこか西部劇の話のようですね。
弓と矢とミサイルの戦いでは勝敗は決まったと思いますが、
地の利と数の多さとリーダーのカリスマで原住民は戦い続けるところが泣かせます。


感想
なんといっても見どころは惑星の自然の見事な風景です。
私は2Dで観てしまったのですが、堪能出来ました。
しかし、3時間は長いです。前半ちょっと単調なので気を失いましたが、
中盤からの展開は予想はついてても手に汗握る面白さでした。
ストーリーは単純ですが映像で持っていかれてしまうという感じでしょうか。
どこか宮崎駿の影響が見られたきもしますがね。

特撮もここまで来たかという感じをぜひ大画面で出来れば3Dでご覧下さい。

| SF ホラー系 | 00:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スーパーフライってどうなんだろう?

どうにも気になるのが日本のポップスビジネス界の意識レベルの低さというか、
売れれば何でも有りという商魂に白ける今日この頃です。
日本にはロックもどき?はあっても傾聴に値するロック音楽は
皆無なのに改めて閉口しています。

とにもかくにも「ほとけを作ってたましい入れず」でしたか?
内容が無い空虚な歌が多い。
それはそれとして洋楽からのパクリもここまでやると目に余る気がします。
影響を受けたとかのレベルをこえた厚顔無恥な神経に親の顔が見てみたい
という気もちです。
例えば先日武道館ライブをやってしまったという。
最近よく見かけるスーパーフライというなりきりバンドですが、
大ヒットしたらしい「ハイファイブ」、「やさしい気持ち」を聞くたびに
実は一番おいしいサビの部分だけが好いのですが、そこがパクリの部分なのですね。
と思うわけです。

ちょっと聞いてみて下さい。
面白いですから。
エアプレインとビージーズでどうぞ。



そしてスーパーフライでは


それにしても今の武道館でライブってどんな感じなんだろう?
私の武道館体験はエリック・クラプトンとボブ・ディランの
2回しか有りませんでしたが感動しましたけど。

| ギミ・ア・ブレイク! | 15:51 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

正義のゆくえCIE★★★★★

出演:ハリソンフォード、レイ・リオッタ、アシュレイ・ジャッド
監督:ウェイン・クラマー

シリアス人間ドラマ
お勧め度:★★★★★

内容 ヤフー映画より
アメリカで1,100万人以上の不法滞在者がいるとされる現実を背景に、現代アメリカの抱える移民問題をリアルに描いた社会派ヒューマンドラマ。
職務と正義の間で苦悩する移民局の捜査官をハリソン・フォードが熱演するほか、『BUG/バグ』のアシュレイ・ジャッド、『ダウト』のレイ・リオッタなど実力派が脇を固める。
監督は、『ワイルド・バレット』で注目を集めたウェイン・クラマー。
国境をめぐる人々の思惑が複雑に絡み合う重厚なストーリーが胸に迫る。

感想
ハリソン・フォードの渋い演技が高感度大です。
アメリカ人になりたい人が必見の現実は甘くないという人間ドラマでした。
「何でこんなに上手くいかないのだろうか」と嘆く人の絶望と希望が垣間見られる良質な作品でした。
ボブディランの歌で言う所の「運命のヤットコで捻じ曲げられた人々」が
悲しみをこらえて生きていく姿が感動的に描かれていた。

リスクを犯してまでアメリカに住む事の魅力とは何なのだろうか。

| 感動ヒューマン映画 | 15:25 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2012★★★★★

監督:ローランド・エメリッヒ
出演:ジョン・キューザック

デザスターパニックアクション
お勧め度:★★★★★
アメリカ 2009

内容
2009年、一部の地質学者が太陽と地球の異変に気がついた。
アメリカの大統領は各国のトップ達とある秘密計画を立ち上げる。
2012年、売れない小説家(キューザック)は金持ちの運転手をしていた。
そのころ地震が多発していたが、子供のお供でイエローストーン公園へ
キャンプへいった時に知り合った謎のDJから重大な情報を手に入れる。
それは洪水に備えて方舟をつくり、限られた人だけが生き延びる計画であった。

いよいよ大地震が始まった時小説家と元妻一家は小型機をチャーターして一時的に
難を逃れたのだったが、方舟の場所を求めてDJのいるイエローストーンへ向かうのだった・・・。

感想
マヤの予言書では2012年の先がないらしい。
地震で都市が崩壊する様子がこれでもかと描かれていて圧巻です。
主人公が避難する事は正に奇跡としか見えませんが、
それはそれでブラックユーモアな意味で楽しめます。
自己中な人間ドラマを楽しめる人には持って来いな作品です。
ラストで主人公が死んでくれれば感動が残ったのかも。
それにしてもその後も地球は残っているのだろうか。






| モンスター、パニック | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。