好きな映画をさがして!

人に薦めたい映画DVDを、B級、洋画がメインに、独断有り、勘違い有り、思い込み有りですが、少しだけ鑑賞の参考になれたら幸せです。

2010年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラブリーボーン★★★★

ラブリー・ボーン (ヴィレッジブックス)ラブリー・ボーン (ヴィレッジブックス)
(2009/12/10)
アリス ・シーボルト

商品詳細を見る
内容
近所に住む殺人鬼に殺害された少女が残された家族を
見守る悲しいファンタジー。

監督:ピーター・ジャクソン


感想
期待したほどの意外な展開は無かったがじわじわと暖かい物が残った。
泣きを期待したらやばいです。
理不尽な殺人事件の解決を劇的に描く訳でもなく、
警察の無能さを描くでもなく、
残された家族の長女へ喪失感が良く描かれていました。


今回あのウォールバーグが一般人のレベルでのアクションだったので
微妙な感じでした。(大暴れするのかと期待していましたので(^^;・・

見所は犯人の異常な計画と段取りと末路でしょうか。
スポンサーサイト

| ファンタジー、名作 | 10:29 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バタフライエフェクト3★★★

バタフライ・エフェクト3 / 最後の選択 無修正版 [DVD]バタフライ・エフェクト3 / 最後の選択 無修正版 [DVD]
(2009/12/16)
クリス・カーマックレイチェル・マイナー

商品詳細を見る

出演: クリス・カーマック, レイチェル・マイナー, ミア・セラフィノ, サラ・ハーベル, ケヴィン・ヨン
監督: セス・グロスマン
お勧め度:★★★

内容 アマゾンより
超能力で犯罪捜査の協力をしている主人公。
過去と現在を行き行き来できる特殊な能力を持つ男、サム。
過去に戻って殺人現場を目撃し、警察の捜査に協力することを生業としていたが、
彼には妹ジェナと決めたルールがあった。
個人的な理由で過去に戻らないこと、そして過去を変えないこと。

ある日、リズという女性がサムを訪ねてくる。
彼女は、サムの昔の恋人レベッカの姉だった。
10年前にレベッカを殺した真犯人を捕まえてほしいと頼まれたサムは、過去に戻ることを決意する。


感想
一作目のカタルシスは無い。
謎解きの面白さは有ります。
主人公がたどり着いた結末は切ないが最善だったのでしょうね。
しかしこの展開はがっかりのいただけない感じ悪い物でした。
家族団らんで鑑賞と言う感じでは無い。
むしろ気まずいというか・・・。

| サスペンス、ミステリー | 23:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サリンジャー

ライ麦畑でつかまえてライ麦畑でつかまえて
(1985/09)
野崎 孝

商品詳細を見る


内容 アマゾンより
1951年に『ライ麦畑でつかまえて』で登場してからというもの、
ホールデン・コールフィールドは「反抗的な若者」の代名詞となってきた。

――もし君が本当に僕の話を聞きたいんだったら、おそらく君が最初に知りたいのは、僕がどこで生まれただとか、しみったれた幼年時代がどんなものだったかとか、僕が生まれる前に両親はどんな仕事をしていたかなんていう「デビッド・カッパーフィルド」調のやつなんだろうけど、僕はそんなこと話す気になんてなれないんだな。第1、そんなの僕自身退屈なだけだし、第2に、もし僕が両親についてひどく私的なことでも話したとしたら、2人ともそれぞれ2回ずつくらい頭に血を上らせることになってしまうからね――。

感想
「ライ麦畑でつかまえて」の作者DJサリンジャーが1月27日に亡くなったと言うニュースが
新聞で踊った時、ひさしぶりに懐かしく「ホールデン」を思い出した。
この作品でユーモアを学んだといえば言い過ぎだろうか。
それにしてもそろいもそろって個性的な人物がいたものです。
絶対にこの作品は映画化したら面白いだろうという思いは私だけではないだろうが。
作者の希望で映画化は無いのかもしれない、時代は変わったし何とか映像化して欲しいところです。

それと翻訳によって雰囲気が変わってしまうのですね。
野崎孝と村上春樹を読めば全然別のホールデンがイメージされてしまうでしょう。
映画の字幕も吹き替えも人によって違う印象になってしまうし
声優も違和感のある人もたまにはいますよね。

ついでにこの一人称の話と言うのがハマるとどうしょうもなく面白いのですよね。
「坊ちゃん」「フィリップ・マーロー」「ハックルベリー」は奥が深く
どれも傑作で一生物と言っても過言ではないですね。

| ギミ・ア・ブレイク! | 22:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サロゲート★★★

出演:ブルース・ウィルス

近未来SF
お勧め度:★★★

内容
「アバター」が大ヒットしていますが、サロゲートも自分の分身「アバター」を操る、
実は健康とは無縁な近未来を扱っています。

有る殺人事件を追う刑事(ブルース)もまたアバターを使っているのですが、
これが表情が固いのですね。そこで人間とアバターを見分ける事なのでしょうが。
アバターは軍事用に開発されていて、そのアバター兵士と本人共に殺害する
秘密の武器が有り、それが盗まれて殺害に使われたらしい。
という所まで突き止めた刑事だったが・・・。
この未来ではみんながインチキ臭くて訳が解かりませんの世界です。

感想
ブルース・ウイルスのSF物は何故か面白くない。
今回も内容が複雑割にはあっけない展開にあまりにも感動が無い。
こんなバーチャルな世界で生きてるって事が虚しいですね。
あの博士は結局は自分で作った世界を壊しただけだったのかもしれないが、
人はなんて自分勝手な生き物なのだろうか。

ブルース・ウィルスは現代劇のタフガイが一番面白いと思います。
悩んじゃ駄目ですよね。

| サイエンス・フィクション | 10:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。