好きな映画をさがして!

人に薦めたい映画DVDを、B級、洋画がメインに、独断有り、勘違い有り、思い込み有りですが、少しだけ鑑賞の参考になれたら幸せです。

2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

キックアス★★★★★


キック・アス Blu-ray(特典DVD付2枚組)キック・アス Blu-ray(特典DVD付2枚組)
(2011/03/18)
アーロン・ジョンソン、クロエ・グレース・モレッツ 他

商品詳細を見る


スパイダーマンのパロディと思って観たら
うれしい大間違い。
悪人に対する復讐劇としてこれほどカタルシスを感じる作品が
最近在っただろうか。
「告白」もインパクトがあったけどさすがにハリウッドです。
アクションが半端じゃない、テンポも軽快で目が離せない。

これはアメコミの実写化ということらしいが、
細部まで気配りがゆき届いた傑作アクション人間ドラマでした。

ヒーローを体験した主人公の2カ月前の回想で始まる物語。
勇気に伴う覚悟と痛み、正義とは不条理とは何かを思いました。

愛する者のために復讐する親子のきずなと、
人のためになりたいと行動する事が痛いものなんだと
考えさせる作品でした。

主人公は妄想に時々ふける高校生ですが、ヒーローに憧れるコミックファンです。
変身用に通販でウエットスーツを購入、鏡の前でポーズを確認のコスプレなのだが、
それに飽き足らず路上にでて小悪党相手に半殺しされて病院送りになってしまう。
それが幸いして痛みを感じない強い体に生まれ変わる。

ガールフレンドのために無謀にもギャングのアジトに乗り込むが
返り討ちになるところを「ヒットガール」が現れ命拾いをする。
「ヒットガール」はギャングを瞬殺して有り金を頂いて主人公を連れて
その場を後にする。別れ際に困ったときはバットマンの様に連絡をくれと言って去る。

今までに観たことない脇役に徹したニコラスケイジが親父キャラで高感度抜群です。
そして必殺少女「ヒットガール」のアクションがすごい。
ここまでやっちゃっていいのって、うれしい瞬殺ぶりにおもわず涙でした。
R15指定作品ですが、子供がここまでやるということが流石にアメリカです。

最近観た作品の中で一番のインパクトがありましたね。
DVDがでたら即買い予定ですが、繰り返し「ヒットガールとビッグダディ」の
必殺アクションが観たいです。

続編があれば絶対観たい作品です。


追記
3/4 いよいよレンタル開始ですね。ただしツタヤだけらしいけど(><;
早速借りるつもりです。運が良ければね・・・。

スポンサーサイト

| アクション映画 | 09:16 | comments:1 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

アンストッパブル★★★

デンゼルワシントンが出ていなければこけおどしのB級アクションでした。
それなりにきわどい1秒を争うアクションがあって観どころはあるのですが
どれも取ってつけたような不自然さがあり白けます。
暴走列車をいかに停止させるかが観どころなのですが
計画がことごとく失敗、打つ手がなくなって最後の手段が
なんと運転席に飛び乗ってブレーキをかけ
無事に大惨事を回避するというどんでん返しに・・・。
初めからその手があったのに良く引っ張ってくれました。

ヘリコプターの人は最悪の状況での降下でしたね。
どこまでが実話だったのか。被害者が何人も出ているのに、
これはジョークの一種だったのだろうかと思えるほどの
エンディングのハッピーさでした。


| モンスター、パニック | 12:58 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

クレイジーズ★★★★

クレイジーズ 2010年 アメリカ 101分
1973年のジョージ・A・ロメロ監督のリメイクパニックアクション作品

監督:ブレック・アイズナー
出演:ティモシー・オリファント、ラダ・ミッチェル、
お勧め度:★★★★

久々の快作です。
これはけっこう面白いです。
変形ゾンビ映画ですが本当に怖いのはやはり人間です。

あらすじは突然凶暴な人に変身した隣人たちにとまどう田舎の町の保安官。
原因は町の水源の沼に軍の飛行機が墜落したためだった。
保安官が外部へ連絡を取ろうとしたがどこにも通じなかった。
既に軍隊が封じ込めに動いていたのだった。
異変に気づいた保安官(テモシー・オリファント)と妻(ラダ・ミッチェル)だが
突然家を武装兵に襲われ決死のサバイバルが始まった。

殺人鬼と変身した隣人たちとガスマスクの兵士から逃げ切ることが出来るのか・・・。

リメイクとはいえ中々の秀作です。
近未来ホラーとしても小さな町の封じ込めは在りそうですね。
人類の存続のためには小さな犠牲は許されると言う展開です。
クレイジーズとは細菌に汚染された人たちのことなのですが、
どちらがおかしいのかが問題ですね。

パニック映画好きの人には特にお勧めです。





| モンスター、パニック | 00:05 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新年明けましておめでとうございます

ご訪問者の皆さん今年も暖かく
見守ってください。
昨年は失速してしまい、まだ立ち直っていないのですが、
頑張って続けていこうと思います。

昨年最後に観たのは「相棒?」でした。
これは前作よりも筋が通っていて楽しめました。
見所は杉下右京の推理というか警察組織内の対立というか
ただCMで言うように泣けるかといえば無理でしょうね。
でも年越すには良かったかもね。
だから今年最初に観たのは「最後の忠臣蔵」でした。
これは泣けたね。3度ほど山がありこれはヤバかった。
来るとわかっていても抗えない感動があるし。
ほんとに時代劇は解り易くて良いですね。
まあ詳細は後ほど書きたいと思います。

それでは今年もよろしく m(--)m

| 気になる洋画 | 12:48 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。