好きな映画をさがして!

人に薦めたい映画DVDを、B級、洋画がメインに、独断有り、勘違い有り、思い込み有りですが、少しだけ鑑賞の参考になれたら幸せです。

2012年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

愛と誠★★★★

映画 愛と誠 オリジナル・サウンドトラック映画 愛と誠 オリジナル・サウンドトラック
(2012/06/06)
サントラ、安藤サクラ 他


久々に邦画で面白い物を観た。
愛と誠のリメイクである。
これはパロディなのだろうと思うのだが
笑って泣かせる作品でした。

映画に何を求めるかによっては全くダメか絶賛か、
評価が二分すると思いますが
この作品はカンヌ映画祭で大ウケだったらしいけど、
本当のコメディというのはこういう物なのではないでしょうか。
今回は全然眠くならないどころか話の展開が早すぎて
時間の経つのが早いこと。
これは絶対に必見のオススメ物です。

それこそ愛と誠とは何か?という答えがここにある。
それぞれのキャラクターがバランスよく立っていて面白い。
選曲もよかったね。サウンドトラックのCDがほしくなったしね。
この監督は多作で有名らしいけど「ヤッターマン」くらいしか
記憶にないんですよね。
あの「ホステル」に怪しいお客って感じでカメオ出演してたけどね。

妻夫木の誠はつねにクールで(つぶやきも)良かったね。
「Wの悲劇」でも良かったけど武井咲(愛)の
ボケ加減というかトラブルメーカーぶりこれはハマるね。
「龍が如く」の斎藤工(岩清水くん)もストーカーぶりが決まっている。
(実は暴れるのかなと期待していなのだが。)
ガム子、裏番長(歌が無かったかな)、オジサン顔の番長皆んな悲しくて笑えるね。
現時点ではたぶん私の選ぶ今年最高の邦画になるだろうと思う。

やっぱり映画って面白いと思い直してくれた秀作でした。
観てないけどストレートな「明日のジョー」よりはましでしょうね。
本当にブレイクしてもおかしくないと思うけど
ちょっとハードルが高かったのかなあ。
映画館は宣伝不足で全然お客が入っていなかったのが
残念でしたね。

PS.何故か梶原先生の弟の真樹先生を追悼してましたけど
アドバイスでも受けたのでしょうか。
スポンサーサイト

| 青春映画 | 01:53 | comments:6 | trackbacks:3 | TOP↑

≫ EDIT

幸せへのキセキ★★★

『映画パンフレット』 幸せへのキセキ We Bought a Zoo 監督 キャメロン・クロウ キャスト マット・デイモン、スカーレット・ヨハンソン、トーマス・ヘイデン・チャーチ、パトリック・フュジット、エル・ファニング、ジョン・マイケル・ヒギンズ『映画パンフレット』 幸せへのキセキ We Bought a Zoo 監督 キャメロン・クロウ キャスト マット・デイモン、スカーレット・ヨハンソン、トーマス・ヘイデン・チャーチ、パトリック・フュジット、エル・ファニング、ジョン・マイケル・ヒギンズ
()
20世紀FOX


予備知識もいらないし鑑賞すれば幸せになれる映画というのでしょうか。
この潰れかけた動物園の復活の実話というのも嬉しいですね。
出演者がみんな良い人だったけど
家族で観る映画なんだろうね。
ただ宣伝不足なのかあまり客がいなかったけどね。

マット・デイモンとスカーレット・ヨハンソンを見るだけでも
価値アリかな。
あと可愛い田舎の女の子を演じたのがあのダコタ・ファニングの妹でした。
いかにもアメリカ風な作品でした。
邦画に有りがちなウエット感が無いのも良い。

| シリアス、実話 | 23:32 | comments:0 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

面白くなければ意味がない?

最近どうもご無沙汰気味で申し訳ありません。

実は感想が書けないのです。
この頃は映画を観ても感動が無いし眠ってしまうしで、
オススメしようにもなにも浮かんでこないのです。
さっき見た映画さえタイトルも思い出せないほど
記憶に残らないのです。
例えて言えば最近の音楽の様に何も感じない。
だから昔の1960年代のポップスを聞いて、
この夢のある雰囲気は何なのかなんて思いながら
楽しんでます。

ところで「MIB3」を観ました。
小ネタ満載でそれなりに笑えましたが
気がついたら気持ちよく寝ていました。
結論としてはレンタルで十分の内容と思いますが
他に観たい物がなければどうぞという感じです。

話は変わりますがこの間見直してみて感動した映画が
あったのを思い出しました。
それが「ザコミットメンツ」というアイルランドのダブリンを舞台にした
アマチュアソウルバンドの誕生から終焉までを描いた
ノリノリの作品です。ロックの映画というと正視に耐えられない
物が多い中でこれはオススメです。
監督はアランパーカー
出演者は地元ダブリンの素人俳優の面々
音楽はR&Bというかソウルナンバー満載です
詳細はアマゾンかなにかで確認を
ザ・コミットメンツ [DVD]ザ・コミットメンツ [DVD]
(2008/04/16)
ロバート・アーキンズ

商品詳細を見る

| 気になる洋画 | 01:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。