好きな映画をさがして!

人に薦めたい映画DVDを、B級、洋画がメインに、独断有り、勘違い有り、思い込み有りですが、少しだけ鑑賞の参考になれたら幸せです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

戦火の勇気

戦火の勇気 戦火の勇気
デンゼル・ワシントン (2005/06/24)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
この商品の詳細を見る


監督:エドワード・ウイック
出演:デンゼル・ワシントン
   メグ・ライアン

戦争サスペンスの秀作
お勧め度:★★★★☆
117分

あらすじ
湾岸戦争の作戦中にウォーデン大尉(ライアン)が戦死した。
名誉勲章を授ける為サーリング大佐(ワシントン)が大尉の戦死の状況の調査を始めるが、目撃者の証言が食い違っていた・・・・

感想


デンゼル・ワシントンの独壇場です。
彼には本当に軍服が似合います。
今回は真相を求めて謎解きの楽しさが有ります。
メグ・ライアンの珍しい男顔負けの戦闘シーンなど
この作品でしか観られません。(^^;)
勇気とは何だろうと考えさせられる作品です。


スポンサーサイト

| 戦争映画 | 00:33 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

目撃者によって証言が違う、何度も使われてる定番的なストーリーだけど、この作品、良かったです。
メグ・ライアンってちょっと苦手な俳優さんなんですよね^_^;デンゼル好きなんでしっかり見ちゃってますけど(^^ゞ

| 夢眠 | 2006/10/31 06:49 | URL | ≫ EDIT

夢眠さまへ

サスペンス定番のストーリーですが、何故か面白いです。
デンゼル・ワシントンは私も好きです。
振り返るといつの間にか沢山観てます。
彼は正義の人が似合いますね。
メグ・ライアンも結構観てたりしてます。(^^;)
いつもコメントありがとうです。

| ワトソン | 2006/10/31 08:00 | URL |

パッチです♪
主役ではないですけど、またまたマット・デイモンが出演している作品ですねっ♪
デンゼル・ワシントンは本当に軍服が似合いますよねっ♪軍人というのは背筋も振る舞いも心もしっかりしたイメージがありますけど、彼も同じようなイメージがありますもんねっ♪
メグ・ライアンといえば恋愛映画が多いんで、この映画は貴重ですねっ♪
メグ・ライアンが銃を持つなんてイメージないですもんねっ(^^)

| パッチ | 2006/10/31 12:30 | URL |

マット・デイモンを探して!

先生情報のコメント有難うございます。
マット・デイモンの出番が何処だったか。確認します。デンゼル・ワシントンはこの作品ではカッコよかったですね。真実を求めて行く過程も良かったです。(^^)V

| ワトソン | 2006/10/31 15:23 | URL |

こんにちは。いつもどうもです。

この作品はやはりメグの普段見れない役(公開当時は話題になりましたね~)とデンゼル・ワシントンですかね~ 本当に正義の人はハマり役です。
こういうスト-リ-は結構好きなので楽しめた作品でしたね。あと「ア・フュ-・グッドメン」少しカブリますがも豪華キャストで楽しめましたね。
(^^)

| ユウ太 | 2006/11/01 17:33 | URL |

ユウ太さんへ

公開当時の情報ありがとうです。
メグ・ライアンもやれば出来るんですね。
それと残念ですが「ア・フュー・グッドメン」まだ観て無いんですよ。
トムクルーズの軍事法廷物ですよね。
カブっても法廷物は期待出来そうですね。
今度観て記事にします。(^^)

| ワトソン | 2006/11/01 18:24 | URL |

こんにちわ~♪
マット・デイモン特集の流れで観ました☆
良かったんです、良かったんですけど
メグの起用は映画が甘くなってメッセージ性が薄れてしまったように感じたこと
嘘を告白してすっきり
相手も許してくれてチャンチャン
家族が元に戻ってめでたしめでたし
という安易な結末がどうも・・・もったいないなぁと思いました
マット・デイモン頬がこけてましたね。役作りかな。

| mariko | 2006/11/29 10:55 | URL | ≫ EDIT

marikoさんへ

いつもコメントありがとう~
メグ・ライアンもイメ・チェンで頑張ったけど
無理があったかなーと心配させてくれたけど
デンゼル・ワシントンのカッコよさでカバーです。
真相の究明も落ちる所へ落ちてと
それなりによろしいのかなあと思います。
「戦火の勇気」のタイトルで良かったのかな
いい作品なのに惜しいところも、と思いました。

マット・デイモンの特集応援してます。
(^^;)

| ワトソン | 2006/11/29 16:56 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mystones.blog58.fc2.com/tb.php/142-845b13ee

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。