好きな映画をさがして!

人に薦めたい映画DVDを、B級、洋画がメインに、独断有り、勘違い有り、思い込み有りですが、少しだけ鑑賞の参考になれたら幸せです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハイ・クライムズ

ハイ・クライムズ〈特別編〉 ハイ・クライムズ〈特別編〉
アシュレー・ジャド (2006/03/10)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
この商品の詳細を見る


監督:カール・フランクリン(真実の行方)
出演:アシュレー・ジャド(コレクター)
   モーガン・フリーマン(セブン)
   ジム・カヴィーゼル(シン。レッド・ライン)

法廷サスペンスの秀作
お薦めど:★★★★☆
116分

内容
カリフォルニアの弁護士クレア(ジャド)は家具修理屋トム(カヴィーゼル)と
幸せに暮らしていたが、ある日トムが実は指名手配犯のロナルドとして逮捕されてしまう。
ロナルドは特殊部隊の軍人で、12年前エルサルバドルでの任務で
殺人と逃亡の犯人として手配されていたのだった。
そして軍事裁判の弁護を依頼されたのは落ちぶれた名弁護士チャーリー(フリーマン)だった。


 


モーガン・フリーマンの存在が素晴らしいです。
貫禄ですね表情がいいです。活き活きしてます。
彼にお任せですべてがうまく行くという感じの頼れるおじさんです。
彼を見るだけでもこの作品を観る意味があります。
さて、ヒロインは長年暮らしていた愛する人の
意外な過去が分かってしまい気が動転してしまいます。
しかも殺人犯かも知れないという状況です。
無実を信じて弁護を続けますが、
どんでん返しが用意されています。
(ヒロインが弁護士の必要があったのか?普通の人でもいいのかも)

法廷物は意外な真実が明らかにされていく所と、
検察VS弁護側の駆け引きが魅力です。
さらにどんでん返しがあれば云う事無しです。
そして法は完璧ではなく、裏技がどこかに有るようです。(^^;



スポンサーサイト

| サスペンス、ミステリー | 15:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mystones.blog58.fc2.com/tb.php/190-fc002a5f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。