好きな映画をさがして!

人に薦めたい映画DVDを、B級、洋画がメインに、独断有り、勘違い有り、思い込み有りですが、少しだけ鑑賞の参考になれたら幸せです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

キンクダム・オブ・ヘブン

キングダム・オブ・ヘブン キングダム・オブ・ヘブン
オーランド・ブルーム (2006/04/28)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
この商品の詳細を見る


監督:リドリー・スコット
出演:オーランド・ブルーム
   エバー・グリーン
   リーアム・ニーソン

歴史スペクタル・アクションドラマ
お勧め度:★★★★☆
145分

内容
12世紀の聖地エルサレムを舞台にしたキリスト教とイスラム教の勢力争いを
史実に元付いて描いたフィクション大作。
主人公バリアン(ブルーム)の成長を通して十字軍の戦いが、
エキサイティングに描かれていて観る者を圧倒する。
恋あり、戦争あり、親子の絆ありのエンターテインメントである。

キリスト教、イスラム教の双方の聖地エルサレムを奪って100年。
十字軍の騎士ゴッドフリー(ニーソン)は、息子バリアンに<四つの誓い>を託す。
1、恐れず、敵に立ち向かえ
2、勇気を示せ
3、死を恐れず、真実を語れ
4、弱者を守り、正義にいきよ
それをお前の誓いとせよ。
それによって「天国の王国」が見つかるという。
そしてバリアンは騎士として長い戦いに身を任せるのだった。



なんといっても最後の城攻めの合戦シーンは圧巻です。
ここを観るだけもで満足出来るのですが、
十字軍というのは何だったのかと考えるきっかけになる映画かも
と思います。
宗教がどのように利用され、国を支配するために使われたのか。
それぞれの国にそれぞれの神があり、それぞれの軍隊に神が味方している。
神は1つではないのに自分の信じる神意外は邪教として退ける。
勝てば官軍という言葉のように、弱肉強食の世界が宗教の世界でも有るのだろう。
と考えさせられる作品でした。
ただ実際に行動しているのは神でも、動物でもなく、
人間だけだという事が問題なのかもしれない。

リドリー・スコット監督の作品にハズレはないです。(^^)
スポンサーサイト

| 戦争映画 | 00:19 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめましてワトソンさん。
初コメントなのにいきなり質問ですみません...。
いろいろ自分で試してみたのですがどうもうまくいかなくて。
今日、ブログランキングに登録したのですが、リンクURLとリンクタグを挿入する場所がわからずバナー等が表示されなくて困っています。
ワトソンさんのように「ランキング参加しています」コーナーを別途作るというような高度な技術でなくても、例えばプロフィール欄の下のほうにUpするにはどうすればよいか教えていただけないでしょうか?
どんくさくてすみません...
ブログはもっとワンタッチ式に簡単なものだと思い込んでいましたが、ソースなどをある程度いじれないとNGなんだということを思い知らされました!
これからもっときちんと勉強しようと思います...。

これからもブログ&人気ランキング、頑張ってくださいね。微力ながら2クリック、応援させていただきます。^^

P.S.この記事に関係ないことですみません。
何人かの方々のブログを訪れてみて、ワトソンさんのBlogが一番見やすかったので質問させていただきました。

| papa pique | 2006/12/15 23:51 | URL | ≫ EDIT

誰かに似てるよね?
高島○ッぽくない?

http://bigsio.jp/~453/

| FANより | 2006/12/17 00:14 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2006/12/17 19:08 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2006/12/17 22:59 | |

いつもどうもです~

この作品は自分としてはなかなか楽しめましたね~
合戦のシ-ンも特に攻城戦の所は他にはない合戦でしたから見応えはありました。

オ-リ-はいつもどの役も格好良すぎ位格好良いですね
しかしもっと人物、団体等の背景を詳しく、分かりやすくしてもらいたかったかなというのがありました。

まぁエンタテイメント的には面白かった作品ですね~
(^^)

| ユウ太 | 2006/12/20 17:16 | URL |

ユウ太さんへ

いつもありがとうございます
そうですね。攻城戦の所は圧巻でした。
大スクリーン向けのスペクタクルでしたね。
そう云う意味で楽しめましたね。(^^)
オーリーのための作品だった感じです。

| ワトソン | 2006/12/20 17:46 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mystones.blog58.fc2.com/tb.php/191-86b6db57

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。