好きな映画をさがして!

人に薦めたい映画DVDを、B級、洋画がメインに、独断有り、勘違い有り、思い込み有りですが、少しだけ鑑賞の参考になれたら幸せです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

帰郷

帰郷 [MGMライオン・キャンペーン] 帰郷 [MGMライオン・キャンペーン]
ジェーン・フォンダ (2007/01/19)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
この商品の詳細を見る


監督:ハル・アシュビー
出演:ジェーン・フォンダ
   ジョン・ボイド
   ブルース・ダーン

ベトナム反戦映画の秀作
お勧め度:★★★★★
128分 アメリカ
アカデミー賞3部門受賞

<ストーリー>DVDノートより
海兵隊大尉の夫・ボブ(ブルース・ダーン)をベトナムに送り、基地内の病院でボランティアをするサリー(ジェーン・フォンダ)。そこにはベトナムで下半身不随となったかつてのクラスメート、ルーク(ジョン・ボイド)が収容されていた。サリーの親身な看護にかたくななルークの気持ちも次第にほぐれ、いつしか二人の間に愛が芽生えていく。やがて、夫・ボブ(ブルース・ダーン)が英雄となって帰ってきたが、やはり戦争の狂気に疲れ、傷ついていた彼にサリーとルークの関係が知られてしまう…!

感想



当時のロック音楽が適材適所で流れてくる。
故ハル・アッシュビー監督のセンスが光ります。
戦闘場面のない反戦映画というのもいいです。
戦争で体と心が傷ついた兵士たちの希望は
家族の元へ帰って癒されるのだろうか。
ジェーンフォンダが演じた、只誰かの役に立ちたいと
介護士を志願した主婦だったのですが、
ベトナムで何が起こっているのかを、傷痍軍人から
知らされるにつれて成長するイノセントな女性を通して、
戦争の犠牲者たちへの切ない悲しみを感じました。

ストーンズの「アウト・オブ・タイム」が流れるなか
ブルース・ダーンのやり場のない挫折感は何を意味するのだろう。

スポンサーサイト

| 戦争映画 | 18:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mystones.blog58.fc2.com/tb.php/258-c2c0e1d7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。