好きな映画をさがして!

人に薦めたい映画DVDを、B級、洋画がメインに、独断有り、勘違い有り、思い込み有りですが、少しだけ鑑賞の参考になれたら幸せです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ウォーターパニックin LA

ウォーター・パニック in L.A. ウォーター・パニック in L.A.
クリストファー・マスターソン (2007/03/02)
ビデオメーカー
この商品の詳細を見る


監督:ベン・レキー
出演:クリストファー・マスターソン

細菌パニック作品
お勧め度:★★★★☆
79分

内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)
『ボム・ザ・システム』の製作を担当したベン・レキーが監督・脚本を手掛けたパニックサスペンス。何者かによってダムの中に散布された生物兵器により、パニック状態に陥ったL.A.。人々は次第に狂気を露にしていき、ひとつの恐ろしい事件を引き起こす。

感想
これは水道水が飲めなくなった恐怖の3日間を
描いた真面目な映画でした。
パニックに巻き込まれた人間のドラマです。
観終わった後当たり前の日常が有り難く感じられる。
そんな作品です。
この手の作品はあまり受けないかもしれませんが
その時人には何が必要か。とか期待以上の物が観られるでしょう。


ネタばれ注意
9.11の後に起ったLAでのテロに遭遇したいくつかの家族、グループが描かれてます。
モノローグの主人公の若者ふたりがニュースで水源にバイオテロが行われた事を知り町を抜け出そうとします。
別のところでインド人のスーパーマーケットの母子が飲料水を売ってます。一方で州兵の軍曹が家族を残し貯水池へ任務のために出動します。
そして2日目ごろから水を求めて強奪事件が始まります。
主人公の友達が状況に対応出来ずに壊れて生きます。
一方スーパーでは差別的に殴られたり、放火されたりと強奪が起ります。
又、州兵の軍曹達はパトロール中に飲料水強奪事件に遭遇します。
これらの事が淡々と起ります。
最後にテロリストが逮捕されるが犯人はイスラム系ではなく
純アメリカ人だった。

スポンサーサイト

| モンスター、パニック | 00:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mystones.blog58.fc2.com/tb.php/280-42f812bc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。