好きな映画をさがして!

人に薦めたい映画DVDを、B級、洋画がメインに、独断有り、勘違い有り、思い込み有りですが、少しだけ鑑賞の参考になれたら幸せです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「DAY-X」はそれなりに頑張ったと思うけど

DAY-X 人類VSゾンビ最終戦争 DAY-X 人類VSゾンビ最終戦争
ケン・エドワード (2007/05/11)



監督、脚本:ジェイソン・ハック
出演:ケン・エドワード
   ジェイソン・ブレンゼアー
   ケイトリン・ケージ
   ブレア・コックス

B級ゾンビ映画の秀作
お勧め度:★★★☆☆
80分 アメリカ 2006年


内容
軍が開発した細菌兵器が漏れて一般人がゾンビ化して行く中で、わずかに生き残った7,8名が倉庫に篭城した。その中に謎の少女と銃を持ったこの状況を想定して訓練された男がいた。大勢のゾンビ状態の人間に囲まれた倉庫から脱出するための方法は・・・・。

感想


B 級作品として見ればそれなりに鑑賞に堪えられるゾンビ映画でした。
倉庫にこもって前後策を口論する生存者達の緊迫した設定もしっかり描けていて緊張感も有ります。ゾンビ達も特殊メイクの手抜き感は払拭出来ないにしてもキモい感は出てます。敵中突破でゾンビにつかっまった犠牲者は何故か決まって腸を引きずり出されてしまうところがワンパターンですが。
それにしてもゾンビは何でいつも飢えてるのでしょうか?(本能か?)
そして、ゾンビは早足よりも数で勝負してもらいたいものです。
犠牲になり方にしても、自分の選んだ行動が招いた結果としてやられてしまうのが基本だと思うのですが、そのへんが決まればもうちょっと面白かったかも。
気になるのはゾンビを無力化できる少女は何処へ行ったのだろう?という余韻が残る作品でした。
スポンサーサイト

| ゾンビ映画 | 10:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mystones.blog58.fc2.com/tb.php/337-b42de163

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。