好きな映画をさがして!

人に薦めたい映画DVDを、B級、洋画がメインに、独断有り、勘違い有り、思い込み有りですが、少しだけ鑑賞の参考になれたら幸せです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

赤毛のアン★★★★★

赤毛のアン 赤毛のアン
ミーガン・フォローズ、コリーン・デューハースト 他



監督:ケヴィン・サリヴァン
出演:ミーガン・フォローズ
   リチャード・ファーンワース
   コリーン・デューハースト

名作の映画化作品
お勧め度:★★★★★
193分 カナダ

内容 アマゾンより
美しい自然に包まれた19世紀のプリンス・エドワード島を舞台に展開する、想像力豊かな女の子、アン・シャーリーの物語。
マリラとマシューのカスバート兄弟は、孤児院から男の子を引き取ることを決めた。
農場の仕事を手伝ってくれる人手を必要としたためだ。
しかし、駅でマシューを待っていたのは男の子ではなくアン・シャーリーだった。
「女の子では役に立たないわ」と、ぶつぶつ言うマリラに、「でも、わしらがあの子の役に立てるかもしれんよ」と答えるマシュー。
マシューは、おしゃべりなアンをすっかり気に入っていた。
アンの成長と共に展開するさまざまなストーリーは、時にはおかしく、時には胸を熱くする。

感想


原作を読んだ人も納得の作品の気がします。アンの世界を忠実に再現していて、私達日本人には、たぶん分からない風景、空気感、服装等想像していた通りか、それ以上の内容で描かれていました。
私も実はアンのファンでこの配役で良かったなと思ってます。
とにかく観るしかない、そんな作品です。
スポンサーサイト

| 感動ヒューマン映画 | 00:31 | comments:5 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

こんにちは!ワトソンさん^^
これ、TVのオンエアの時に
以前たまたま見たような気がしますよ^^
アンの髪の色がにんじん色で、そばかすも沢山あって・・
まるで昔の『キャンディ・キャンディ』(これ、ご存知ですか?)
のキャンディみたいな印象でした^^
ワトソンさんの仰るように、すごく『アン』というイメージに
ぴったりの配役で良かったですよね!

では、ぽちりと応援で~す★

| ぴーち | 2007/08/02 17:25 | URL |

私も観たあれかな?

10年位前にTVで観た「赤毛のアン」かな?
同じ頃「少年時代」って邦画も放映されて
「続けていいもん観たわ~」と思った記憶が。
でも193分もの長編じゃなかったと思うんで、違う作品かも。
私も「キャンディ・キャンディ」読んでましたよ~

| わさぴょん | 2007/08/02 18:34 | URL | ≫ EDIT

ぴーちさん、わさぴょんさんへ

こんばんは~
ぴーちさん
TVでやったのですか?もともとTVドラマだったらしいから良かったのかもですね。
配役は今まででBESTだそうです。そんな気もしました。
「キャンディ・キャンディ」は名前だけは知ってます。
アンの世界は今ではファンタジーなのでしょうか?

わさぴょんさん
1986年製作のようです。もう20年前ですね。
原作が児童文学の名作ということで、好きな作品です。
単純にサクセスストーリーが好きなんですね。
「少年時代」も観ました。覚えているのは井上揚水の歌だけですけど。

お二人共、コメントありがとうございます

| ワトソン | 2007/08/03 00:24 | URL |

こんばんは!
お返事が遅くなり申し訳ありませんでした。
そして、TB&コメントどうもありがとうございました!

この作品は、原作ファンも納得の良作ですよね~
プリンスエドワード島の美しさはもちろん、キャストもハマっていたと思います。
取り上げたエピソードもよくて、アンの世界を映像で観れる楽しさを味わえました。
何度でも観たくなる映画ですね♪

| 由香 | 2008/07/10 23:10 | URL |

由香さん、こんばんは♪

どうもコメントありがとうございます。
赤毛のアンの世界を堪能できる最高のキャスティングでしたね。
ロケーションも最高でした。名作の映像化の傑作ですよね。
いい映画でした。

| ワトソン | 2008/07/10 23:21 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mystones.blog58.fc2.com/tb.php/362-f6066f51

TRACKBACK

赤毛のアン 完全版

手持ちのビデオで鑑賞―【comment】どんなに時を経ても心を掴んで離さない、、、大好きな大好きな物語は誰にでもあるのではないでしょうか。私にとってはそれがモンゴメリ作の『赤毛のアン』で、その物語に出会った遠い昔から今に至るまで、心にはいつもアンがいます。お?...

| ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2008/07/10 23:06 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。