好きな映画をさがして!

人に薦めたい映画DVDを、B級、洋画がメインに、独断有り、勘違い有り、思い込み有りですが、少しだけ鑑賞の参考になれたら幸せです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

生きてこそ

生きてこそ スペシャル・コレクターズ・エディション 生きてこそ スペシャル・コレクターズ・エディション
イーサン・ホーク、ビンセント・スパーノ 他 (2006/04/21)
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
この商品の詳細を見る


監督:フランク・マーシャル
出演:イーサン・フォーク
   ビンセント・スパーノ
   ジョッシュ・ハミルトン

旅客機遭難事故のヒューマンな実話
お薦め度:★★★☆☆
126ふん アメリカ

内容 アマゾンより
1972年、アンデス上空で消息を絶った旅客機の乗客が72日後に奇跡的な生還を遂げた“アンデスの奇跡”を映画化した、感動の人間ドラマ。

感想
暑い夏に冬山は涼しいだろうと思って観たのですが、
人間は強いし、生きることは誰かの支えの上に
成り立っているのだと強く感じさせる力強い作品でした。
奇跡は生きる為の努力の先に、あったのだと思いたいです。


この事故ですが、
雪山に接触して飛行機の後ろ半分は分解してしまいました。
そこに乗っていた人たちは投げ出されて行方不明に。
前にいた人もパイロットを始め数人は即死でした。
残った人たちは運が良かったのか、場所が良かったのか、
怪我もない人もいました。
そこで救助が来ればみんな助かったかもしれません。
只、待っていれば見つけてくれるという、希望にすがりつくには、
場所か悪かった。アンデス山中の航路から外れた所でした。
そして捜索打ち切りのニュースを聞くまで、
だれも行動に出ることはなかった。

幸運だったのは雪山だったので冷えた水はいくらでもあった事。
生き残った若者は鍛えられたスポーツマン達だった事。
寒さをしのぐ物も有った事。
彼ら一つの訓練されたチームだった事。
そして餓えを凌ぐ物が・・・・。


実話ということで、意外な展開はなく、サバイバルとして、
生きるために、動物として、究極の選択として、
許されると思います。たとえ餓死しても草食動物は
肉を食べることは無いでしょう。何故か、
人は人以外の物を何でも雑食する事が許されてます。
牛や、豚や、鳥や、魚などは人間に食べられるために
生まれてきた訳ではないと本人達は思っているにちがい無いです。
ライオンとかは肉食です。自分以外の肉は餌にしか
見えないかもしれません。
戦争中に食べるものがなくなった時も
同じ事が起こったと言う人もいます。
それはともかく亡くなった人たちに、生かされたと
ありがたく生還を喜ぶ姿を見ても、
なにか晴れ晴れしないのは、内容が実話だからでしょう。
生きることの意味を問う重い作品でした。
スポンサーサイト

| 旅客機&潜水艦映画 | 18:19 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

ありがとう♪

ワトソンさん、私の絵日記のようなブログにコメントありがとうございます。
映画は好きですけど、月2本くらいしか観てません。洋画オンリーです。
良かった映画は、上映中に5,6回は観に行きます。映画館がスキなのかも...

特にアクション、ファンタジーが好きですから、映画を観て泣くことはほとんどないです。
でも、「Ray」と「五線譜のラブレター」は化粧が落ちてしまうほど泣きました...

| mako | 2007/08/16 21:02 | URL | ≫ EDIT

makoさんへ

こんばんわ~
映画館に月2本で、同じ作品を6回ですか。すごいです。
私も洋画中心です。SFと刑事物アクションが好きです。
そういえば映画館で泣く事も少なくなりました。
鍛えられたのでしょうか。というか鈍くなったのでしょう。
「Ray」は映画館で観ましたけど、
「五線譜~」はまだ未見です。今度借りて観ます。
(私の泣ける映画はカテゴリーの中を見てください。)
また、どうぞ遊びに来てください。

| ワトソン | 2007/08/16 21:57 | URL |

話に割り込み(~_~;)

ふむふむ、それ2本とも観てないや。今度泣きたい時観よう~φ(..)メモメモ

これは実話と言う事で、あんまり盛り上がりが無かったような記憶があります。
それと、この作品の前に「ゆきゆきて、神軍」を見ていたので
どこでも極限にくると似たような事が起こるのだなぁ~と。
平和な日々に感謝。

| わさぴょん | 2007/08/17 18:17 | URL | ≫ EDIT

わさぴょんさんへ

こんばんは~
実話というのは、インパクト有りますね。真実は神ぞ知るですが、
表向きの話でも盛り上がる内容でもないし
何とか生還出来たという事でしょうね。
実は私も前から観るのを控えてた作品でした。
LASTの映像を観て驚いたのは飛行機の残骸の廻り中に、
遺体のような人が散乱していた事でした。
残された生存者たちは被害者を埋葬する事も無く、
自分達だけの事を考えていたのでしょうか。
何か割り切れない物を感じました。
「ゆきゆきて神軍」をご覧でしたか。
知る人ぞ知る問題作でしたね。
あのドキュメンタリーが良く取れたと思います。
人間は生きるためには何でも出来るし、正当化も出来る。
その時はその選択肢しかなかったのかも知れないです。
異常な状況下では判断も変わるのでしょうね。
あの追求したおじさんは何であんなに熱心になれたのだろう。
平和な日本になってまだ60年位しか経過していないのに、
これが永遠に続くように信じてる私達はしあわせなのでしょうね。
私たちも世界でも数少ない平和の国、日本に感謝を忘れてはいけませんね。

話は変わりますが私はゾンビの映画が好きなのですが、
あれがホントに起こったら怖いです。(^^;




| ワトソン | 2007/08/17 23:25 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mystones.blog58.fc2.com/tb.php/375-fc2aa509

TRACKBACK

(LD)ファーゴ

内容一般ファン、批評家、プロの映画人をこぞって魅了するコーエン兄弟の最高傑作!!人間はおかしくて、哀しい・・・ノース・ダコタ州ファーゴ、初めは無邪気な偽装誘拐だった・・・アメリカの田舎町で起こった本当の話監督・脚本:ジョエル・コーエン製作・脚本:イーサン

| 洋画がたくさん | 2007/09/15 18:59 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。