好きな映画をさがして!

人に薦めたい映画DVDを、B級、洋画がメインに、独断有り、勘違い有り、思い込み有りですが、少しだけ鑑賞の参考になれたら幸せです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「呪怨パンデミック」はパスかな~

呪怨パンデミック (角川ホラー文庫 78-16) 呪怨パンデミック (角川ホラー文庫 78-16)
大石 圭 (2007/07)
角川書店

この商品の詳細を見る


監督:清水崇
出演:ジェニファー・ビールス

JホラーのB級作品
お勧め度:★☆☆☆☆

内容
呪怨シリーズ3本目で、その後の呪いの連鎖を描いています。

ヒロインの女子高生が呪われた家に行って呪われ、米国の家に帰ってから、近所の人を巻き込んで、呪い殺されるまでを描いています。

パンデミックとは「爆発感染」ということだそうです。
こま切れの話が前後して混乱しています。
最悪の続編としか紹介できません。

感想
名作「呪怨」とは別のつまらないホラーです。
出だしは良かったのですが~、
「ジェニファー・ビールス」の奥さんが日本風のホルモンをフライパンで焼いてます。
旦那に文句を言われキレて、フライパンの油を旦那の頭にかけて、フライパンで殴り殺してしまいます。その後の表情が良かったですが。
場面は変わって高校生の3人組が「呪怨」の家に肝試しに行くのですが・・・。
(LASTで出てくる女の子が実は連れてきた・・・。)



今回は吹替での鑑賞でしたが、何か違和感があるなと最後まで見たらなんとこれがお笑いの人達の吹替でした。(字幕版で観たかった)
それで納得しましたが作品をぶち壊してました。
製作の人達は観客をどう思っているのでしょうか。
なめてるとしか感じられません。

これを見るなら他の作品を観てください。(時間とお金がモッタイナイ)
もっと夢がある奴がきっとあります。

PS:作品はこけおどしの駄作で散々だし、あまりの展開に途中でうたた寝できたし、映画館は冷房効きすぎで冷え冷えだし、まともに¥1800円払ってしまったし(実は割引券を忘れたのですが)、シャツのボタンを掛け違えていてちょっと危ない人に見られた気もするし(トイレで手を洗いながら気が付いた)と個人的に最悪な映画鑑賞でした。

スポンサーサイト

| イマイチの作品 | 22:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mystones.blog58.fc2.com/tb.php/379-d973435f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。