好きな映画をさがして!

人に薦めたい映画DVDを、B級、洋画がメインに、独断有り、勘違い有り、思い込み有りですが、少しだけ鑑賞の参考になれたら幸せです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

リトルダンサー★★★★

リトル・ダンサー DTSエディション


出演: ジェイミー・ベル, ジュリー・ウォルターズ, ゲアリー・ルイス, ジェイミー・トラヴェン
監督: スティーヴン・ダルドリー

青春ヒューマン作品
お勧め度:★★★★
111分 イングランド

内容   Amazonより
1984年のイングランド北東部の炭鉱町。母親を亡くしたばかりの11歳の少年ビリーは、炭鉱労働者の父の命令でボクシングを習っていたが、その練習場の隣でバレエ教室が開かれたことから、たちまちクラシックバレエに魅せられてしまう。


感想
BGMに心地よく流れたマーク・ボランの「T-REX」は1984年にもまだいたのだろうか?
ちょっと出来すぎた話のようですが、感動のサクセスストーリーです。

以下辛口コメントなので注意


主人公のバレーとの偶然の出会いから次第に他に道は無いとダンスに打ち込む姿に違和感は無い。しかし、どれだけの人が主人公のダンスの才能を認められるというのだろう。(私には違いが分からなかった。)
炭鉱町という男臭い町で、この展開はミラクルと思う。
「フラガール」、「遠い空の向こうに」と炭鉱町の作品があるけど、
斜陽化した炭鉱にストライキ騒動を絡めて親子の絆を感動的に描いた作品ということなのですが、素直に感動できないのは捻くれている私だけでしょうか。

私としては、感動したいなら「遠い空の向こうに」と「リトル・ランナー」をお勧めしたい気もします。
スポンサーサイト

| 青春映画 | 10:28 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ダンス

ミニシアターの映画館で並んで整理券を貰って見た作品です。
女性受けするのかも?周りは女の人ばかりでした^_^;
ダンスと言う意味ではそうかも?確かの秀でた才能?って感じでは無かったです。
ラストはプロが踊ってましたが…

| 夢眠 | 2007/10/28 11:05 | URL | ≫ EDIT

こんにちは!
『リトルダンサー』鑑賞されたんですね!
私はまだ未見ですが、
設定がかなり突飛過ぎているような
話なんですね・・。私も機会がありましたら、確認してみますね!
では、応援です★

| ぴーち | 2007/10/28 17:24 | URL |

夢眠さんへ

こんばんは~
<並んで整理券>とは人気が有ったのか席が少なかったのか。
女性向けのダンスがメインの話でしたね。
私も遠慮してましたが、もしやと思い鑑賞しました。
ダンスを見る目があれば楽しめたのかもしれませんが、
親爺さんも見る目があったとは見えませんでしたが、
その気になってしまうのが映画ですね。
試験の合格基準は将来性だったのでしょうね。

| ワトソン | 2007/10/28 23:17 | URL |

ぴーちさんへ

こんばんは~
さっそく観て見ました。評価は辛くなってしまいました。
狙いは悪くはないのですが、無理があるというか。
以下ネタばれです。鑑賞前には観ない方がいいかも。
炭鉱町で母親が無くなって親爺と兄貴がストライキ中、
主人公がバレー好きで、コーチが女の子より主人公の才能を見抜き学校へ世話する、おまけに祖母が痴呆症を患っているし、
少年はバレーしか頭に無いという状況で感動物へ展開させようというのです。
そして試験に失敗した学校に入閣が決まり大喜びです。
その後若者になった主人公はスターになっていたというのです。
それを観に来た親爺と兄貴が観客席で泣いているところで終わるのですが、ここがもらい泣きのところだったかもしれません。

やりすぎてしまって蒐集が付かなくなってしまいました感じでした。

| ワトソン | 2007/10/28 23:45 | URL |

あらら、かなり厳しい評価ですね(´∀`;A
母と映画館でこの作品を見たんですが、
ダンサーになることを反対している父親にむかって
抗議?怒り?のダンスをするところなんて
母とふたりで号泣でしたー( ;∀;)
単純すぎ・・・??

| プー子 | 2007/10/29 13:23 | URL |

プー子さんへ

こんにちは~
厳しい見方となってしまいましたね。(^^;
親子で号泣するには良い作品かも知れませんね。
最近映画で号泣してないので
そんな作品を探してはいるのですが・・・、
実は不覚にも涙が止まらなかったのは
過小評価されている「ディープ・インパクト」でした。
これでもかの怒濤の涙腺攻撃になすすべは有りませんでした。(^^;

| ワトソン | 2007/10/29 13:38 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mystones.blog58.fc2.com/tb.php/454-e0228ff7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。