好きな映画をさがして!

人に薦めたい映画DVDを、B級、洋画がメインに、独断有り、勘違い有り、思い込み有りですが、少しだけ鑑賞の参考になれたら幸せです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

博士の愛した数式★★★★★

何でもありの面白いブログ「ピアニッシモ・ストーリー」のぴーちさんからのお薦めで鑑賞したのですが、気負いのない温かい日本の安らぎを感じる作品でした。


博士の愛した数式


出演: 寺尾聰, 小泉堯史, 深津絵里, 齋藤隆成, 吉岡秀隆
監督: 小泉堯史

ヒューマンドラマ
お薦め度:★★★★★
117分 日本

内容 Amazonより
小川洋子原作の同名小説を映画化。タイトルどおり数学の「数式」が登場するのだが、できあがった映画は“理系”よりも“文系”の印象。全編に、メランコリックで心地よい空気感が漂っている。交通事故の後遺症で、80分しか記憶が持たない博士(寺尾)の元に、新しい家政婦(深津)がやって来る。やがて彼女の息子も訪ねて来るようになり、博士は息子の頭の形から彼をルート(√)と呼び、3人の絆は深まっていく。



感想
なによりもゆったりとした時間の流れが感じられて安らぐ作品でした。
日本の自然の美しさを感じる心を思い出しました。


博士の怪我はともかく、家政婦と毎日新しく始まる出会いもいいものだなと感じます。
挨拶をして数学について語り時を過ごす。有る意味理想的な生活かもしれません。
深津絵里の家政婦と寺尾聰の博士の会話がが実に楽しそうです。
吉岡秀隆の数学教師の自己紹介を兼ねた数学への誘いと平行して進む
ストーリーも自然で良いのですが、
教室の生徒に用意したキーワードを黒板に貼ってゆく手際に新しさを感じました。
野球の話がタイガースなのは関西が舞台なのでしょうか。
(東京ならジャイアンツが定番かも)
関西弁は聞こえなかった気もしましたが、話の展開上の流れでしょうか。
浅岡ルリ子と博士の関係も微妙な気もしました。
深津絵里(実はファン)の清潔感がこの作品を引き立てたと思います。
寺尾聰の寡黙な演技は絶品です。
こういう懐かしい雰囲気の空間は好きです。

もしほんのりした肩のこらない作品を探しているのならご覧下さい。
大切な何かを見つけられると思います。

スポンサーサイト

| 良質邦画 | 17:05 | comments:10 | trackbacks:3 | TOP↑

COMMENT

おはようございます!
何でもアリ?!のぴーちです(笑)
リンクまで張っていただいて、ありがとうございましたm(_ _)m
この作品は去年観たもので、正直詳細までは、頭に浮かんで来ないのですが、(例えば、野球のチームの話やら、なんやら)ワトソンさんのレビューでまた、記憶が蘇りました^^
そういえば、ワトソンさんは深津ファンでしたよね!彼女の直向きな演技、こちらまで背筋を叩かれる思いで鑑賞しました。
ココでの寺尾さん、誠実で寡黙な演技は
彼にしか出来ない役だったかもしれません。
ワトソンさんの評価通り、私も邦画の中では大切に留めて置きたい映画の一つとなりました^^
このレビューは、旧の方のブログに記事にしてあるので、また新しく今のブログへ記事にする事があるときにTBよろしくお願い致します^^
では!会心のワンポチ!して帰ります★

| ぴーち | 2007/10/31 06:40 | URL |

ぴーちさんへ♪

おはよう~
TBしようと思い記事を探したのですが
迷路にはまってしまって断念しました
(^^;
四季がきれいで映画館の大画面で観たかった作品ですね。
邦画独特の間が生きた作品でした。
数学は苦手なのですが、数の魅力を感じました。
ご紹介ありがとうございました。
会心のワンポチもナイスですね♪

| ワトソン | 2007/10/31 07:53 | URL |

良い作品ですね。

最近、ぴーちさんこちらにも遊びに来ていただいてます。
繋がるんだな~と実感(笑)

寺尾さんて凄く安定してて良い演技をされますね。
暖かい気持ちになり数学にちょっぴり興味を持ちました。

| 夢眠 | 2007/10/31 15:23 | URL |

夢眠さんへ♪

こんにちは~(靴のさいずは(^^;
そうなんです。おかげさまでピーチさんともリンクさせて頂いたのです。(^^)

TVで以前観た寺尾さんの倉本ドラマも間の取り方が良かったです。

映画は原作より好評のようですね。

| ワトソン | 2007/10/31 16:18 | URL |

分かります!
ひどく悲しいことも、作られたような盛り上がりもないぶん、
ふんわりやさしい気持ちになれますよね♪
とか言いながら、自分のレビューでは
ものすごく細かいところをつっこんでますが。。。
深津絵里さんが大好きなので
もうそれだけでオールOKなのです(*´∀`*)

| プー子 | 2007/10/31 18:10 | URL |

プー子さんへ

こんばんは~
<ふんわりやさしい気持>でいいですよね。深津さんあっての作品というほどハマってました。吉岡さんも理想的な教師を好演してました。こんな先生がいれば数学が好きになったでしょうね。
こちらからもTBよろしくお願いします。

| ワトソン | 2007/10/31 20:43 | URL |

こんばんは!
ワトソンさん^^
最近、夢眠さんの所へお邪魔させていただいておりますm(_ _)m
夢眠さんは、同性ということもあり、共感できる記事を書かれていたりするので、とても親近感があります^^
ワトソンさんと繋がっているお友達は、
ワトソンさん同様、本当に良い方ばかりで、嬉しいです^^
遅ればせながら、こちらにてすみませんです。

| ぴーち | 2007/11/03 23:34 | URL |

ぴーちさんへ

こんばんは~
夢眠さんと気が合って良かったですね。
ブログ仲間のみなさんは良い人達と感じてます。
コメント頂いてる方がたには特に感謝してます。ぴーちさんにもその活動的なパワーを頂いております。これからも宜しくお願いしたします♪

| ワトソン | 2007/11/04 01:23 | URL |

ワトソンさんへ♪

ワトソンさんの所は、本当にコメント数が多いですよね^^
とても気さくで
話し易いオープンな雰囲気がありますものね!
どんな些細なコメントでもマメに残してくれるお友達ってとてもありがたいし、大切だと思います。いつも気に掛けてくれる友達、お互いに大切にしていきたいですよね!(といっても、映画のお友達が少ない私が言えた台詞じゃないですけど><)
ワトソンさんこそ、最新映画をガンガン鑑賞されるんですもの。私の方が、パワーをいただいてますよ^^
では!応援★

| ぴーち | 2007/11/04 10:52 | URL |

ぴーちさんへ♪

こんにちは~
私のところはコメントなどは少ない方ですよ。
常連さんがいつもチェックしていただいていて助かっています。
私のところは映画と行き詰ったときの好きな音楽の話で続けてますが、最近はネタ不足でこまってます。
基本的に駄作はいやでも観てますが辛口になってしまうので記事になりません。っていうか面白い作品の方が少ない気もします。だから、基準を下げて許容範囲を設定してます。
良い作品と面白い作品が一致すれば良いのですけど、
年に何本あるか?という現実ですね。
えらそうな事を書いてしまいました。
またお邪魔のでよろしくお願い致します。
なお、今日こちらは秋晴れです。

| ワトソン | 2007/11/04 11:17 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mystones.blog58.fc2.com/tb.php/456-d7f96d6c

TRACKBACK

博士の愛した数式

★★★☆☆深津絵里がかわいかったです。 それはそれは本当にかわいかったです!!!!! それ以上でも、以下でもない映画でした。 記憶が80分しかもたない元数学者の家政婦...

| ★はちみつだいすき★ | 2007/10/31 18:09 |

ALWAYS 続・三丁目の夕日

前作のラストから4カ月後、昭和34年の春。完成したばかりの東京タワーの下に広がる三丁目の人々は、変わらず賑やかに暮らしている。そんなある日、去ったヒロミ(小雪)を思いながら淳之介(須賀健太)と暮らす茶川(吉岡秀隆)の元に、再び実父(小日向文世)が淳之介

| 本ナビ!by Tamecom | 2007/11/02 19:32 |

【本】博士の愛した数式

               『博士の愛した数式』     小川洋子     新潮社【comment】古本屋さんでハードカバーの本を眺めていたら、この本とバッチリ目が合ってしまった。映画も未見であるし、物語にもさして興味が

| ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2007/11/07 18:05 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。