好きな映画をさがして!

人に薦めたい映画DVDを、B級、洋画がメインに、独断有り、勘違い有り、思い込み有りですが、少しだけ鑑賞の参考になれたら幸せです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

善き人のためのソナタ★★★★★

善き人のためのソナタ スタンダード・エディション


出演: ウルリッヒ・ミューエ,
セバスチャン・コッホ,
マルティナ・ゲデック,
ウルリッヒ・トゥクール,
トーマス・ティーメ

監督: フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク


シリアス・サスペンスの傑作
お勧め度:★★★★★
138分 ドイツ 


内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)
2007年アカデミー賞外国語映画賞を受賞したドラマ。84年、東ドイツの国家保安局のヴィースラー大尉は、劇作家・ドライマンとその恋人で舞台女優のクリスタが反体制的であるという証拠を掴むため監視を始めるが、次第に彼らの世界に魅入られ…。

感想
久々に泣ける映画にであった。というか泣いてしまった(^^;
保安局に勤めるヴィースラー大尉の盗聴をめぐる、生き方を変える心の葛藤を狂おしくも静かに描いた感動作でした。
実は大尉は女優の隠れファンだったのだ・・・。

これは必見の作品です。はでなアクションは有りません。
べたな恋愛劇でも有りません。
一人の男の生き様が、ただ泣けるだけです。
スポンサーサイト

| 感動ヒューマン映画 | 10:20 | comments:16 | trackbacks:4 | TOP↑

COMMENT

ラストの心地よさ

本屋の店員がプレゼントですか?
「私のための本です」

なぜ?あの時、声をかけてお礼を言わないの?って思ってましたが、こんな素敵なラストがくるななんて♪

| 夢眠 | 2007/11/08 15:47 | URL | ≫ EDIT

夢眠さんへ♪

こんにちは~
LASTが良かったですね。
本をめくって~へ捧げるを見たとき・・・
「自分が読むために」の時の表情が。
たまらないですね~。
ほとんど表情が同じなんだけど・・・(^^;

壁崩壊のニュースの時の人どこかで見たと思ったら・・冗談も言えない生活は息苦しいですよね。

| ワトソン | 2007/11/08 16:39 | URL |

あぁぁーー!
見たかった!!!
姉に映画館に観にいこうと誘ったら
「ドイツ映画でしょー?暗そうじゃん」
って言われて断られたんです(T-T;)

ひとりでじっくり見たい感じですね。
レンタル予約します♪♪

| プー子 | 2007/11/09 13:04 | URL |

プー子さんへ♪

こんにちは~
私もドイツ映画だと始まってから気づきましたが、
映像は鮮明で知的な雰囲気で
全然暗く有りませんでした。
東ドイツの秘密警察の話なのですが、
じっくり観てほしい作品です。
LASTは感動物です。

| ワトソン | 2007/11/09 13:12 | URL |

ドイツ映画が暗いというのは偏見ですよ、未公開映画
で楽しく面白い作品結構レンタルされてますよ
まあ話題作は戦争物が多くて暗いというイメージ
がつくのは仕方ないと思うけど
この作品は代わりゆく主人公とラストの仕事を全うし
むくわれた瞬間が印象的でしたね

| せつら | 2007/11/18 22:06 | URL |

せつらさんへ♪

ドイツ映画をあまり観ていなかったからかえって新鮮でした。
主人公は洗脳されていて正しいと思った事をしてたのですね。盗聴によって洗脳が解け自殺者が多い現実に賛同したのかもしれません。LASTは感動的でした。
それにしても最後まで同じ服の着こなしでしたね(^^;

| ワトソン | 2007/11/19 00:05 | URL |

こんにちは!
TB&コメントありがとうございましたv-254
良い映画でしたね。
まるで心などないように一点を見つめて歩いていたヴィースラーが、ドライマンとクリスタの関係が気になって後ろ歩きなどをしていましたが・・・そういうさり気ない演出も、彼の心情を表わしているようで良かったと思います。
ラストは素晴らしかったですね。その時見せたヴィースラーの笑顔も最高でした。

| 由香 | 2007/12/09 13:27 | URL |

由香さんへ♪

こんにちは~
後ろ歩きのところは気が付きませんでした(^^;
行き届いた演出は見事でしたね。
ラストの「自分のために」のところは泣けました。
良い作品でした。
TBありがとうございます

| ワトソン | 2007/12/09 13:52 | URL |

あー・・・

しみじみと良い作品でしたが・・・ちょっと長かった(´д`)
ラストはいい感じで、なんともいえないものがありました♪

ではTBお願いします~

| わさぴょん | 2007/12/29 10:54 | URL | ≫ EDIT

わさぴょんさんへ♪

こんばんは~
長かったかもしれませんね。
あれでLASTが決まらなかったら
印象は薄くなったかもしれませんね。
TBありがとうございます。

| ワトぴょん | 2007/12/29 19:29 | URL |

こんばんは!ワトソンさん^^
私もこの映画鑑賞してみました!
いやあ。。こんなステキなラストを観た映画は久しぶりです。
最初、ワトソンさんの所でこのタイトルを拝見した時、すぐに
鑑賞すれば良かったな~って、後悔してます。。
坦々とした中にも、深い愛情物語も含まれていて、ヴィースラー
自身の心情の変化も見逃せませんでした。
TBよろしくお願いしま~す☆
ぽち凸

| ぴーち | 2008/01/08 20:25 | URL |

ぴーちさんへ♪

こんばんは~
このLASTを見せるために作られた作品だったような気もしますね。
ヴィースラーの選択を理解していた人がいた事に彼は救われた気もします。
「自分のために」本を買う。唯それだけなのに、なんであんなに感動的なんだろう。良い作品でした。
こちらもTBね♪

| ワトソン | 2008/01/08 21:09 | URL |

お久しぶりです。
この作品は前から観たくて観たくて・・・ 先日、やっと鑑賞出来ました。

ドイツ作品は凄い演技派な俳優さんが多くてこの作品でも主演の
ウルリッヒ・ミュ-エが本当に素晴らしかったですね。
情報だと昨年だかに亡くなられたとか。非常に惜しまれますね。

旧東ドイツの社会主義国の情勢を知る上でも多くの人に観て頂きたい秀作ですね。
スト-リ-も緊迫した展開もありでとても楽しめました。
そして何と言ってもラストの爽やかな感動! 凄く粋で洒落た台詞とラストシ-ンだと思います。
良い作品はまだまだ沢山ありますね~
(^^)

| ユウ太 | 2008/01/28 19:05 | URL |

大きな感動

凄くいい作品でしたね!
ここ数年で一番のヒットでした!!

| 髭ダルマLOVE | 2008/03/11 04:48 | URL |

ユウ太さんへ♪

こんにちは~
コメントに気づきませんで失礼いたしました。主演の人良い感じでしたが遺作だったようですね。激しいアクションは無いけど、忘れられない印象が残った作品でした。LASTシーンは泣けました。

| ワトソン | 2008/03/11 07:47 | URL |

髭ダルマLOVEさん♪

こんにちは~
展開が読めないで最後までいって
感動が待ってました。
こんな作品は今まで無かったですね。

| ワトソン | 2008/03/11 07:50 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mystones.blog58.fc2.com/tb.php/463-5ffc707c

TRACKBACK

『善き人のためのソナタ』

JUGEMテーマ:映画 制作年:2006年 制作国:ドイツ 上映メディア:劇場公開 上映時間:138分 原題:DAS LEBEN DER ANDEREN 配給:アルバトロス 監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク 主演:ウルリッヒ・ミューエ     セバスチャン・コッホ  

| La.La.La | 2007/11/18 21:51 |

善き人のためのソナタ

WOWOWで鑑賞―【story】ベルリンの壁崩壊直前の東ドイツ。シュタージ(国家保安省)のヴィースラー(ウルリッヒ・ミューェ)は、劇作家のドライマン(セバスチャン・コッホ)と恋人で舞台女優のクリスタ(マルティナ・ゲデック)が反体制的であるという証拠をつかむよう命じ

| ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2007/12/09 13:22 |

「善き人のためのソナタ」・・・75点

善き人のためのソナタ スタンダード・エディション観てる間ずっと、主役がセバスチ

| 旧作をねらえ!in TSUTAYA  わさぴょんの映画鑑賞日記 | 2007/12/29 10:54 |

善き人のためのソナタ

善き人のためのソナタ おすすめ度{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/} 原題:Das Leben der Anderen 英題:The Lives of Others 製作:2006年 ドイツ 製作:クイリン・ベルク マックス・ヴィーデマン 監督・脚本:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク ...

| 徒然映画日記。 | 2008/03/11 04:59 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。