好きな映画をさがして!

人に薦めたい映画DVDを、B級、洋画がメインに、独断有り、勘違い有り、思い込み有りですが、少しだけ鑑賞の参考になれたら幸せです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パンズ・ラビリンス★★★★

パンズ・ラビリンス


監督:ギレルモ・デル・トロ(ヘルボーイ)
出演:セルジ・ロペス
イバナ・バケロ
アリアドナ・ヒル
マリベル・ベルドゥ
ダグ・ジョーンズ

ファンタジーの秀作
お勧め度:★★★★
119分 スペイン・メキシコ 2006年


内容
スペイン内戦時代。童話を読むのが好きな少女オフェリア(イバナ)が、
引越した山荘で体験する戦争と不思議な世界のファンタジー。

感想
「パンズ・ラビリンス」とは「牧神の迷路」ということなのか。
牧神がどういう役目の神なのかは、よく分らなかった。


政府軍の大尉がゲリラ狩りをしている山村が舞台。
初めの男子の誕生に父親が立ち会った方が良いという大尉の希望で
妊婦と娘オフェリアが山奥の山荘へやって来る。
すぐにオフェリアは山荘の裏に迷路を見つけて迷い込むが。
そこには牧神(パン)がいて3つの試練を託される。
童話と現実が交差して物語は展開するが、内容は重い。
ヒロインにとって良い事なんてあったのだろうか。と思うほどに
災難がやってくる。
LASTはスタートに戻って少女の選択が、童話の王女になれたというハッピーエンドの形で終わる。
しかし、残されたのは・・・。

この作品は色々の見方が出来るのかもしれない。
戦争(内戦)の悲劇も舞台になっているけど、
少女の夢と現実の切ないドラマがメインだったのか。
本当の少女の願いは叶えられたのだろうか。

大人のための童話と言う事なのかも知れません。

スポンサーサイト

| ファンタジー、名作 | 13:09 | comments:10 | trackbacks:2 | TOP↑

COMMENT

これスゴク観たいのに、
ウチから一番近所の映画館では、スグに夕方からのみの上映になってしまった。
結局DVD待ちです~(´д`)

| わさぴょん | 2007/11/19 17:58 | URL | ≫ EDIT

わさぴょんさんへ♪

こんにちは~
映画誌で評価が高いのに何故か上映館は少ないですね。子供向けの話ではなかったので・・・・わたしのところでも1館(MOVIX)のみです。
DVDもすぐに出ると思いますよ。2006年作品だったようですから。

| ワトソン | 2007/11/20 07:39 | URL |

見られたんですね。

作風が好き、そして解釈がいろいろと考えれるのが良かったです。
ちょっと宗教的?って感じだったけど…
でもファンタジーと現実の惨忍さの対比とか怖かったです。

| 夢眠 | 2007/11/20 22:42 | URL | ≫ EDIT

夢眠さんへ♪

こんにちは~
実は「モーテル」の代わりにこちらを観ました(^^;。
解釈によっては只の妄想少女だったかもですが、あの環境では夢を求めたのかもしれませんね。戦争の悲劇を描いたファンタジーとしては記憶に残るインパクトが有りましたね。

| ワトソン | 2007/11/21 07:41 | URL |

こんばんは~!

ワトソンさん、本作、おっしゃる通り、非常に重く切ないお話でしたが、わたしにとっては、おそらく本年度NO1の鑑賞作品になると思います。

ダーク・ファンタジーとは知っていましたが、まさかの展開と結末で、観賞後は、しばし言葉を失うほどの衝撃を受けました。

>牧神がどういう役目の神なのかは、よく分らなかった
ホントにそうですね・・・ギリシャ神話を読み込めば、少しはわかるのかな!?

| JoJo | 2007/11/28 21:27 | URL |

JoJOさんへ♪

こんばんは~
ダーク・ファンタジーとしてはNo.1と思います。話の筋も通っているし、妥協も無い。
王女の生まれ変わりの話には妄想にしても夢があった気がします。
浅い理解の仕方ですみません。
いつもコメント&TBありがとうございます。わたしもTBお願いします。

| ワトソン | 2007/11/28 21:55 | URL |

これは…

凄い作品でしたね。
本当に、こんなファンタジー、観た事ないです。
これまで「ファンタジー」と言ったら、幻想的で夢のある世界というイメージでしたが、「ファンタジー」を必要とする人の心理のようなものを突き付けられた感じが、私にとってとっても衝撃的でした。




| 髭ダルマLOVE | 2008/06/06 04:02 | URL |

髭ダルマLOVEさんへ

戦争という背景が重いですよね。
主人公は幻想の中に希望を探したのかも知れません。短い夢の中に何が有ったのだろう。
ダークサイドファンタジーとでも言うのでしょうか。
観るとき観る人によって評価が分かれる作品だと思います。
アンハッピーエンディングでしたし。

| ワトソン | 2008/06/06 07:47 | URL |

ダークサイドファンタジー!上手い!
ダークだダークだとは聞いていましたが
予想を裏切らない素晴らしい作品でした!
どうなるのか分かってるのに、彼女の心情が分かるのはラストのその時になってから。
ツライ・・でもメデタイ・・・?
フランダースの犬にも似た、一種のハッピーエンドといえるのかも・・・?

| わさぴょん | 2008/10/22 19:10 | URL | ≫ EDIT

わさぴょんさん、まいど♪

ダークですよね。
そして、CG特殊効果の意義は
いいストーリーあっての
使い方だと改めて感じました。
「フランダースの犬」も人知れず
昇天してしまいましたが、
この少女も寂しかったですね。

| ワトソン | 2008/10/23 10:13 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mystones.blog58.fc2.com/tb.php/469-c49c173d

TRACKBACK

「パンズ・ラビリンス」★★★★★

   '06製作 監督ギレルモ・デル・トロ  主演イバナ・バケロ 共演ダグ・ジョーンズ、セルジ・ロペス、アリアドナ・ヒル、マリベル・ヴェルドゥ、アレックス・アングロ他によるスペイン発ダーク・ファンタジー。 第79回アカデミー賞3部門受賞、全米映画批評家協...

| JoJo気分で映画三昧!+α | 2007/11/28 21:18 |

『パンズ・ラビリンス』

第79回アカデミー賞 撮影賞・美術賞・メイキャップ賞 受賞作品 今年の2月に行われた、“元祖!アカデミー賞”。 数々の候補作の中で一番興味を惹かれ、尚且つ謎に包まれてい...

| すきなものだけでいいです | 2007/12/10 22:28 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。