好きな映画をさがして!

人に薦めたい映画DVDを、B級、洋画がメインに、独断有り、勘違い有り、思い込み有りですが、少しだけ鑑賞の参考になれたら幸せです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フリーダム・ライターズ★★★★★

フリーダム・ライターズ  スペシャル・コレクターズ・エディション


出演: ヒラリー・スワンク.
スコット・グレン.
パトリック・デンプシー.
イメルダ・スタウントン.
マリオ.
エイプリル・ヘルナンデス
監督: リチャード・ラグラベネーズ

感動の実話学園ドラマ
お薦め度:★★★★★
123分 アメリカ



内容(「Oricon」データベースより)
アカデミー賞女優ヒラリー・スワンク主演で贈る、一人の新米教師と一冊の日記帳が起こした感動の実話学園ドラマ!様々な人種が通うロサンゼルス郡ロングビーチの高校を舞台に、理想に燃える新米教師と生徒たちの交流を描く。ロス暴動から2年後の1994年、ロングビーチのウィルソン高校に23歳の新米国語教師がやってくる。しかしそこは肌の色が全てと人種間の憎しみをむき出しにした世界だった…。

感想
久々の泣ける作品だった。ストーリーは予想した展開なのに、
生徒達の気持ちの変化に感動しました。環境によって人は変わるのですね。
新任教師の受け持った落ちこぼれ学級は人種のデパートだった。街ではアフリカ系、メキシコ系、ヒスパニック系、アジア系とそれぞれグループが均衡を保っているが、何かのきっかけで犠牲者が出ればその報復でまた犠牲者が出るというストリートギャングの世界。そんな環境の子供達に教師は、彼らの声を聞くために日記を書かせた。
ばらばらだった生徒たちは自分の暮らす世界の悩みを日記につづり、本を読み、他人種のグループの声を聞き、互いを知り合ってしだいにひとつにまとまるのだった。彼らの知らないナチスの「ホロコースト」についての話は感動的です。
その後、彼らの日記は「フリーダムライターズ」として自費出版された。


問題は学校側にもあり、主任教師(この人が第一の壁)、校長は偏見から問題児は相手にしない状況だった。
女教師はバイトをして自腹でみんなに本(アンネの日記)を買ったり、生徒のために時間を使い、そのため旦那と離婚する事に。
そして一つにまとまったクラスの2年目が終わる頃、3年目は教えられないという壁が・・・。

これが実話というのが、凄いところです。今のアメリカの高校はどうなっているか解りませんが、理解しあえば壁は越えられるんだと、希望が感じられた作品でした。

只、気になったのが、日記を読んだのは先生だけだった気がします。とすると他の生徒は自分の日記しか知らないはず。本になって始めて他の人の悩みを共有出来たのでしょうね。(その辺が観ている人には判っても)生徒から先生への一方的な日記の書き込みでみんなをまとめた手腕は教育者が天職だったのかもしれませんね。旦那は自分を見失ってしまったのでしょうか、相手が凄すぎたので身を引いたとも取れなくもないけれど。何かが足りない事は感じましたが・・・・。
スポンサーサイト

| 感動ヒューマン映画 | 10:43 | comments:14 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

予告編ではそんなに目新しい感じも無かったけど、
★5つですね!
これは期待しちゃいますよ~
泣かせて~^^
しかし先生、そのせいで離婚しちゃうとは。
プライベートを犠牲にして幸せだったんでしょうか?

| わさぴょん | 2007/11/27 17:40 | URL | ≫ EDIT

わさぴょんさんへ♪

こんばんは~
特に目新しくは無いのですが、実話物に甘いので高得点です(^^;
生徒が好演です涙があふれてしまいました。先生も旦那より生徒に全力投球で生き生きしてました。両立は難しいことだったのでしょう。幸せになれたとしたら生徒達との絆を築けた事かもしれません。

| ワトソン | 2007/11/27 19:40 | URL |

凄く見たい!

でも周ってきません(T_T)
凄く見たくって評価も高いので楽しみにしてます。

| 夢眠 | 2007/11/27 22:21 | URL | ≫ EDIT

よかった~

今晩は!どうやら気に入ってもらえたようで嬉しいです
お薦めしたかいがありました。ほっとしてますよ

人種問題で揺れていた当時それは大人だけではなく
子供までもが人種間が緊張していましたねエリンが
まず手をつけたのは勉強ではなくまず人種間の
歩み寄りでした。そこがまず凄いと思った。頭ごなしでもなく
恩着せがましくでもなくゲームという手法でお互いの心を
溶かしていくそれは勉強でも同じで彼女の勉強方法は
まず「楽しむ」ことが前提になってましたね、ホロコースト記念館
のシーンはよかったです。その後の会食シーンで
生徒達が生き残った人たちの話を聞く姿が印象的でした
ホロコーストを知ることで自分たちがいかに矮小であるか
目を覚ましたんじゃないですかね、アンネの日記の先が気になる
女の子も面白かったよね、最後死ぬなんて聞いてない!
どうして彼女が死ななければならないのと!憤る姿が
よかったな~それにして全てエリンさんがお金を出して
実行してるんだから凄いです。逆に新人教師に
底までさせてしまう学校が情けないですね

| せつら | 2007/11/27 22:49 | URL |

夢眠さんへ♪

こんばんは~
残念ですが期待して待っててください。
よく出来てます。スコット・グレンのお父さんも良い味だしてます。

| ワトソン | 2007/11/28 00:05 | URL |

せつらさんへ♪

こんばんは~
ホントによい映画でした。この作品は未公開だったのでしょうか?宣伝不足の気がします。もっとみんなに観てもらいたいですね。
落書きの絵を元にホロコーストに発展させる機転が凄いところですね。席の組み換えとかゲームとか授業が楽しくなる工夫も良かったし、生徒に必要な物を自分で調達しても与えるところも凄かったです。先生が動けば生徒も感じて答えてくれると思います。おかげで旦那には逃げられましたけど、幸せな毎日だったとおもいます。コメント&TBありがとうございます。

| ワトソン | 2007/11/28 00:23 | URL |

おぉぉー!
私も見たいと思っているこの作品。
どうにもスケジュールがあわず、
まだDVDを入手できておりません(ノД`)
そんなわけでさら~っとだけよませていただきました。
なんだかすごくいーみたいですね!
見終わったらじっくり感想読み直しさせていただきますっ!
楽しみだぁ♪♪

| プー子 | 2007/11/28 14:58 | URL |

プー子さんへ♪

こんにちは~
おお!すごーい・・・リアクションですね♪
実は私もせつらさんの紹介記事で観たのです。やはり記事はとばし読みです(^^;

プー子さんは字幕派ですか?私は最近はTVの時は吹き替えで観てます。あまり声に違和感がある時は字幕にしますが。
字幕だと目が離せないから他の事が出来ないのが難点です。(集中してないだけですが(^^;
コメントありがとうございます♪

| ワトソン | 2007/11/28 15:25 | URL |

こんにちは。
凄く見てみたくなりました。
旦那はアクション物ばかりみたがるけど、
このヒラリーの美しさを見たら、
見る!って言いそうです。

| Kimmy | 2007/11/30 16:23 | URL |

Kimmyさんへ

はじめましてこんにちは~
コメントありがとうございます。
この作品でも撃ち合いは少し有ります。
ヒラリーはスタイルよしの教師の鏡です。
学園物ですが落ちこぼれ学級の生徒がいいキャラをしています。
すばらしき未公開です。
また遊びにお越し下さい♪

| ワトソン | 2007/11/30 16:52 | URL |

こちらにも~!

本作、ワトソンさん、5つ星なのですね!わたしも、以前から気になってたので、必ず観ようと思います。それまでは、ワトソンさんの記事を拝読するの、ガマンガマン!

| JoJo | 2007/12/05 00:38 | URL |

JoJoさんへ♪

続けてありがとうございます♪
★の大判振る舞いです。
ヒラリーが熱血教師やってます。
人種差別が悲劇の原因です。
今は大分改善されたようです。
偏見が一番の弊害かも。
良い作品でした。

| ワトソン | 2007/12/05 07:52 | URL |

おはようございます!
私も鑑賞しました♪
泣ける・・まで行かなかったんですが(^^;
でも、こういう実話が存在したと言う感動はすごく感じましたよ~^^
お若いながらも、心血を注いで心の教育に取り組むエリン先生の、姿が心打つ作品でした。
『ホロコースト』に結びつける話。。何でも見たり、聞いたりした見識の広さというのは、何処にでも通用するのだと、改めて胆に入りました。
ワトソンさんの所の記事、気にしていたのですが
読まずに我慢してました^^
TBよろしくで~す!

| ぴーち | 2007/12/29 08:06 | URL |

ぴーちさんへ♪

こんにちは~
泣けるというより教育の実態が反映された映画でした。
あきらめたのか、差別してるのか教育現場から変わって行かなければ、
行けないのかなと思える作品でした。
「ホロコースト」は「シンドラーのリスト」でも出てきましたが、
差別の行き着く先ですよね。
人間が行った犯罪としてもそれをとめる法も術も無かった。
これも見識の狭い環境での無知が起こしたと言えなくもないですよね。
実話と言うのは説得力がありますね。
TBよろしく~

| ワトソン | 2007/12/29 09:18 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mystones.blog58.fc2.com/tb.php/475-81b57e46

TRACKBACK

『フリーダム・ライターズ』

JUGEMテーマ:映画 制作年:2007年 制作国:アメリカ 上映メディア:劇場公開 上映時間:123分 原題:FREEDOM WRITERS 配給:パラマウント 監督:リチャード・ラグラベネーズ 主演:ヒラリー・スワンク     スコット・グレン     イメルダ・スタウントン

| La.La.La | 2007/11/27 22:41 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。