好きな映画をさがして!

人に薦めたい映画DVDを、B級、洋画がメインに、独断有り、勘違い有り、思い込み有りですが、少しだけ鑑賞の参考になれたら幸せです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バッテリー★★★★

バッテリー 特別編 (初回生産限定版) (あさのあつこ書き下ろし小説付)


出演:
林遣都
山田健太
鎗田晟裕
蓮佛美沙子
天海祐希
岸谷五朗
菅原文太
萩原聖人
岸部一徳

監督 :滝田洋二郎

青春野球小説の映像化
お薦め度:★★★★
118分 日本 2007年

内容 Amazonより
大人をも凌駕(りょうが)する12歳の天才ピッチャー・巧(林)と、彼の球を受けとめられるキャッチャー・豪(山田)の強い友情の絆を描いた物語で、巧をはじめ登場人物それぞれの内面がきめ細かく描かれていて好もしい。キャスティングも絶妙で、林の近寄りがたい美貌は、壮絶な孤独を抱える巧のキャラクターにピタリとはまっている。また、巧に絶大な信頼を寄せる弟・青波役を務めた槍田晟裕の健気な演技も必見。さらに、巧に惹かれていく少女・繭を演じた蓮彿美沙子のみずみずしさも、特筆に値する。少年たちならではの強さとせつなさがあふれた、珠玉の作品。

感想
良くある天才野球少年の物語ですが、監督のセンスが良いのか思ったより後味は良い。
痒い所に手が届く感じです(^^;
まだ少年の孤高の天才ぶりに孤独感を感じました。
田舎の風景がこの作品を支えて余りあるようだ。なんて言いたくなる、
原作小説を読みたくなる様な面白さでした。

スポンサーサイト

| 良質邦画 | 17:32 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

こんばんは^^
この作品、感動して泣きました!と映画館の入り口の感想コーナーに
たくさんの寄せ書きがしてあった映画でしたが、私は泣く映画ではなかったな~って思いつつも、やはり爽やかさが残る作品であったことには
間違いが無かったようです。(ワトソンさんの仰るように、センスが良いとか、後味が良いという感じ)
これ、たしか「あさのあつこ」さんの作品でしたよね?

TB出来たら、よろしくです^^
オーエン凸

| ぴーち | 2008/01/04 22:59 | URL |

あ~、バッテリー見たかったんです。
主人公の男の子が美少年だったので・・・。
原作は立ち読み・・・スミマセン・・・しましたが、
中学生のあちこちに揺れ動いて、定まりきらない感情が詰まってます。
映画も見なきゃですね。

今年もよろしくお願いします。
ワトソンさんの映画の紹介を楽しみにしています。
ところで遅くなりましたが、べオウルフTBさせてもらいました。
初心者なもので、遅くなってごめんなさい。(^^ゞ

| kimmys | 2008/01/05 21:10 | URL |

ぴーちさんへ♪

こんばんは~
私も<泣く映画ではなかったな~>に賛成です。
野球は実力の世界です。実力さえあればいつか認められると思いますが、
実際は簡単ではない事は、「イチロー選手」を見れば判ります。
手に負えない天才をつぶしてしまう指導者もいると思います。
まだ原作の一部しか映画になっていない気もしました。
原作を読んでないので良くわからないのですが。

| ワトソン | 2008/01/05 22:17 | URL |

kimmysさんへ♪

こんにちは~
今年もよろしくお願いいたします。

本屋へ行くと「バッテリー」のコーナーまであって凄く売れてるようですね。
映画の配役は適材適所という感じではまってました。
天才少年は美少年でしたね。浮いていました。

TBの件、ときどき原因不明で不調の時があるようです。
お手数お掛けします。

| ワトソン | 2008/01/05 22:33 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mystones.blog58.fc2.com/tb.php/504-314c33ee

TRACKBACK

バッテリー

同タイトルの小説はまだ未見なんですが、DVDレンタル開始されたばかりでしたので、早速、子供達と鑑賞してみました♪ 弟が生まれつき、【...

| ピアニッシモ・ストーリー | 2008/01/04 22:58 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。