好きな映画をさがして!

人に薦めたい映画DVDを、B級、洋画がメインに、独断有り、勘違い有り、思い込み有りですが、少しだけ鑑賞の参考になれたら幸せです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

テラビシアにかける橋★★★★

テラビシアにかける橋 オリジナル・サウンドトラック



監督:ガボア・クスポ
出演:ジョシュ・ハッチャーソン(ザ・スーラ)、
アナソフィア・ロブ(リーピング)、
ズーイー・デシャネル(あの頃ペニーレインと)、
ロバート・パトリック(ターミネーター2)、
ベイリーマドソン

青春ファンタジー
お勧め度:★★★★
95分 アメリカ 2007年

内容
いじめられっ子少年ジェスと転校生の少女レスリーが作った想像の王国テラビシア。
ジェフは家庭でも姉二人と妹にいじめられ孤立していたが、足が速く、画も上手かった。
レスリーは小説家の娘で想像力があり、二人で作る怪物はキモ可愛かった。

感想
何処の国でもいじめが有るのだなと思う。
ありがちな少数派が多数派にいじめられる構図に、
強者が弱者をもてあそぶ事があたりまえな世界に、
我々も生きてるからこそ感動出来るんだなと思います。

必然が重なって事故が起こる様に、
偶然が重なって悲劇が起こる様に、
悲しい運命が二人を待っていたのだった。


ジェスはみんなを見返そうと駆け足に練習に余念がなかった。
しかし、靴は破れ、おねだりして貰ったのは、
姉のお下がりのピンクの運動靴だった。
なんとか黒く塗り替えて、競争に出場して一位でゴールというところで
彼を抜いた女の子がいた。その子が転校生のレスリーだった。
しかも隣の家に越してきた小説家の娘だった。
ふたりはお互いの状況を理解して友達になった。
そして、放課後に森で見つけたのが、川の向こうに有った
テラビシアの国だった。

いじめの話が想像のファンタジー話へ、
家族の、親と子、兄弟、姉妹の何もないようで、
何かある日常の世界が描き込まれた家庭。
LASTで橋を造り渡ったのは・・・・。

いきなりのレスリーの行方に戸惑いましたが、
泣けるところまではちょっと・・・・という感じでした。
当日18:50~の上映に私を含めて8名の鑑賞でしたが、
後方で嗚咽が聞こえたのが印象に残りました。
エンドロール中に退座した青年がいた付近でした。

一見の価値有りのファンタジーと言うことで・・・(^^;


泣ける映画をお探しのあなたにお薦めです。
1.この森で、天使はバスを降りた
2.ディープ・インパクト
3.ヒドゥン
4.ブルベーカー
お試し下さい。



スポンサーサイト

| ファンタジー、名作 | 10:48 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ファンタジーだけど

それで終わらずに色んな事を考えちゃう作品でしたね。
別れのときにレスリーが振り返った瞬間にひょっとして?って思っちゃったの…
かなり号泣しちゃいました(^^ゞ

| 夢眠 | 2008/02/19 15:36 | URL | ≫ EDIT

泣けませんでしたか!
やはり泣けるツボって人それぞれなんですね~
私は最後の方の、
ジェスとレスリーのパパが話すトコと
ジェスと先生が話すトコ、の二箇所で涙があふれちゃいました。

ジェスの後悔もスゴクよく分かる。胸が痛いよね~
別に言わなきゃ誰にも分からないような事なんだけど・・・

| わさぴょん | 2008/02/19 17:47 | URL | ≫ EDIT

夢眠さんへ♪

こんにちは~
レスリーが振り返った瞬間ですか。
水位が増した川は伏線だったのでしょうか。無くしてから判る大切な物を、あの時と思い続けるんでしょうね。
あっけない別れに期待が外れたのかも。しれません。なんとか凌ぎましたがいい映画でした。

| ワトソン | 2008/02/19 18:10 | URL |

わさぴょんさんへ♪

こんにちは~
やはりツボでしょうかね。
喪失感は有りました。
犬は連れていくのところは良かったです。
あの時いっしょに誘って行けなかった美術館にいつか訪れる時思い出すのでしょうね。橋というのは隣のパパの残した材料で造った物で、妹も渡れる良い橋でしたね。テラビシアの国が不滅なのを感じました。
わたしのツボはどこだったのだろう(^^;

| ワトソン | 2008/02/19 18:23 | URL |

まずまずの高評価という感じですかね。
泣くところまではいきませんでしたか~。
私もレスリーに起こった出来事の所ではそんなに泣けなかったのですが、ラストの妹とのシーンで感動しました。
私はこの映画かなり好きです。

| セス | 2008/02/20 01:50 | URL |

おはようございます!
鑑賞されたんですね^^
ワトソンさん、鑑賞前は
泣ける映画ということで期待されてたみたいですが、実際鑑賞してみて、描いていたものとのギャップの差が
落胆となり、泣けるまでいかなかったのでしょうかね・・。
私はジェスが悲しみに打ちしがれている事に気付いた、父親が
抱きかかえてくれた所に感動しました。
ジェスは、父親の愛情に飢えていたのかもしれません・・・・。

| ぴーち | 2008/02/20 06:42 | URL |

セスさんへ♪

こんにちは~
私も好きな作品になってます。
期待が大きかったせいでしょうか泣けませんでした。
(キッカケが掴めなかったというか)

| ワトソン | 2008/02/20 07:48 | URL |

ぴーちさんへ♪

そうですね。期待すると外れが多いですね。人それぞれみんな泣きのツボが違うのですね。面白いです。
私の場合は、まだだろうという感じでいたら終わっていました(^^;
妹にも一目置かれる兄貴になったところも良かったですね。

| ワトソン | 2008/02/20 07:53 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mystones.blog58.fc2.com/tb.php/538-0d24a7f4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。