好きな映画をさがして!

人に薦めたい映画DVDを、B級、洋画がメインに、独断有り、勘違い有り、思い込み有りですが、少しだけ鑑賞の参考になれたら幸せです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

それでもボクはやってない ★★★★

先日テレビで再見しましたが、面白かったです。
当たり前ですが、大分編集でカットされていたのが気になりました。

それでもボクはやってない スタンダード・エディションそれでもボクはやってない

加瀬亮;瀬戸朝香;山本耕史;もたいまさこ;役所広司




監督:周防正行
出演:加瀬亮、瀬戸明日香、山本耕史;もたいまさこ;役所広司


日本の裁判制度を問う異色作
お薦め度:★★★★
143分 日本 2007年

内容 アマゾンより
電車内で痴漢の容疑をかけられた青年が、無実を訴え続けるも、証拠不十分のために起訴されて裁判で闘い続けることになる。
留置場での日常は、経験していない人には驚きの連続だが、最もショックなのは「疑わしき者は有罪」という警察や裁判所側の姿勢。
取り調べでの自白強要はともかく、冷静に判断しそうになった裁判官が急に左遷されてしまうエピソードが強烈だ。

感想
なんとも興味深い作品でした。
身に覚えの無い、証拠もない痴漢容疑者が有罪として
裁かれる手順がこれでもかと突きつけられていて、
自分を守るためには何をすればいいか、が勉強に成りました。

基本は両手を見えるところにアピールすることですね(^^;



痴漢裁判がこんな事になっていたとはね。

裁判所は被害者側だという基本姿勢が、うれしいような、怖いような世界です。
警察は痴漢を捕まえるのが仕事ですか?
もちろん防ぐ為に見せしめも必要なのですね。
検察は容疑者を有罪にして被害者のため、
組織のため点数を上げる事が仕事ですよね。
えん罪を怖がってたら追求も出来ないし、真相も判らないし。
やるだけやったという言い訳も出来ないし。

これから始まる陪審員制度がどんな展開になるのか、裁判官の判断は
常に正しい事は無い事実は、どんな風に折り合いを付けるのか。
自分に都合の良い判決を出した判事が正義の人であって欲しいけど、
人を裁くのは法律の文章の中の言葉であり、記録された出来事からの判断が
裁く人の意志によってねじ曲げられても、それを受け入れるしかない現実が
今までもこれからも有るのだと、心に響いた作品でした。

やっても、やらなくても巻き込まれたら覚悟せよ、みたいな事なのでしょうね。
被害者の少女は、どうしてあそこまで自信が有ったのだろう?
自分のために一人の人間が裁かれる事に・・・・。
現行犯の逮捕ということに疑問が出てきた興味深い作品でした。
これも成り立つのかと・・・やばいですねこれは(^^;


スポンサーサイト

| 良質邦画 | 18:40 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

被害者の立場

少女は自信とか人が裁かれてるとか考える余裕すら無くすほど
辛く悲しい思いをしたのでは無いかしら?
もう誰とかではなく犯罪事態を許せなくなってると思う。
それだけ痴漢って卑劣な犯罪じゃないかな~

| 夢眠 | 2008/03/14 23:35 | URL | ≫ EDIT

必死の訴え

被害者の女子高生としてはもう勇気を振り絞って
「後の人のためにも、私が裁判で頑張らなきゃ!」みたいな決心があったんでしょうね。
真犯人誰だか知らないけどムカツクー!!

| わさぴょん | 2008/03/15 15:41 | URL | ≫ EDIT

夢眠さんへ♪

こんにちは~
そうですね。以前にも被害に遭いいやな思いをしたからこそ勇気をだして捕まえたのでしょうね。ただ真犯人を現行犯でつかまえたのなら良くやったと言うことなのでしょうね。今回の場合はいやな思いと思いこみが主人公を犯人にしてしまった。
様な気がします。確かに主人公の挙動は怪しい動作でした。卑劣な真犯人が無実で挙動不審な凡人が有罪で裁かれてしまう裁判に、被害者が被害者を生んだという認識は欲しいと思うのはおかしいことでしょうか?
それにしても許せないのは真犯人です。

| ワトソン | 2008/03/16 08:57 | URL |

わさぴょんさんへ♪

こんにちは~
「必死の訴え」は判ります。
泣き寝入りしないで、
頑張ったとも言えます。
主人公を捕まえた勇気は認めます。
そこから先は被害者の手を離れてしまっているのでしょう。
犯罪者を裁くために、
なぜ状況証拠と自供だけで裁判をしているのだろう。
DNA分析で証拠が出るならなぜしないのだろう。
担当刑事も痴漢が多すぎて事務的に処理をしている感じです。
交通違反と同じで認めれば簡易裁判で処理です。
供述書類の書き方と印象で、可能性を判断し真実にせまる判決を下すのが裁判官としたら、結果は初めから裁判官によって決まっているのかも知れませんね。

先日も痴漢えん罪事件があり、容疑者は
はじめから犯人扱いで処理されたらしいです。その時は示談金目当ての罠に掛けられたようですが、警察も痴漢被害者に騙されたなんて言い訳をしていたようです。野放しになった痴漢が徘徊しているところへは近づかないのが好いのでしょうけど、上手く行きませんね。

| ワトソン | 2008/03/16 09:24 | URL |

こんばんは。。ワトソンさん以前にもレビューを書かれていたような気がしましたが、私の気のせい?でしょうか。この映画は、被害者、加害者の状況を問う前に、裁判自体がこんなにも捻じ曲げられた状況で判断されていることに酷い憤りを感じた作品でしたね。。最初の法廷で裁判官は無罪を出すと、それを次の法廷で覆されることに酷く臆病になっているという個人的な理由で有罪を確定せざる負えないなんて、随分酷い話だなと、それではいくら無罪を主張しても、裁判官の首が掛かる問題なら、どんな物的証拠を示しても、有罪という道しか選ばせてくれない、そんなナンセンスな話が罷り通るような世界は、絶対オカシイです。根本的に、裁判員や、判事、検事、警察の人数が不足しているとはいえ、人権を無視しているのが法を司る所だなんて、看板に偽りアリ!ですね。。

| ぴーち | 2008/03/16 21:08 | URL |

ぴーちさんへ♪

こんばんは~
どこかでコメントを書いたような気がします。裁判官によって結果が決まっているような裁判では、無実になるのも難しいですね。真犯人が自首するかしないと絶対無理です。そんな痴漢はいないしね。
「疑わしきは罰せず」の精神は無かったのかもしれない。検察側に近い判事に事務的に処理されたらみんな有罪になってしまいますよきっとね。99.9パーセント
有罪というのはこういうことなのかもしれないですね。冤罪の人も含め卑劣な犯罪者として刑に服するために。法律は完璧ではないと言う事を改めて感じました。

| ワトソン | 2008/03/16 22:34 | URL |

パッチです。

「それでもボクはやってない」、先日テレビで拝見しました。
これは同じ男として辛いところですねぇ。
いくらやっていなくても、裁判になってしまうと勝ち目がありませんもんねっ。
まずは疑われないようにすることが一番なんでしょうけど、どうしても満員電車という状況と荷物を持っていたりすると、常に両手を挙げておくというのも難しいですしねっ。
とにかく女性の近くに寄らない、というのが最善の策なのかもしれません。

ほんとに一番いいことは、痴漢をする人がいなくなれば一番なんですけどねっ(>_<)

| パッチ | 2008/03/20 20:09 | URL |

パッチ先生へ♪

こんばんは~
痴漢が一番悪いのですが、痴漢が
活動し易い環境がある、というのも悪いのかもしれませんね。大分前ですが映画館も狭い暗い環境でしたので、痴漢かなという挙動不振な人を良く見かけました。
その人が気になって映画に集中出来ないこともありました。今は指定席で広くなったので見かけなくなりました。
痴漢に狙われるといのは魅力があると言う事なのでしょうけど、痴漢も振り向かない様に気を配るというのは矛盾してしまう気もします。
痴漢は相手を選んで犯行をするのです。
ストーカー状態かもしれません。
予防できるような相手ではないかもしれませんね。
誰でも痴漢になる可能性は99.9パーセントあると言う事です。もちろん判事も含めてですが。

| ワトソン | 2008/03/20 20:59 | URL |

TBありがとうございました^^

TBありがとうございました。
今の日本の裁判や法律の限界を淡々としっかりと描いていましたね。ドキュメンタリーを観ているような気分になるほど、リアリティのある作品でした。

| 髭ダルマLOVE | 2008/04/02 15:36 | URL |

髭ダルマLOVEさんこんにちは♪

裁判の判断は法律の解釈で変わってしまうのでしょうね。
真実の追求とは別に事務的に判決が出たり。
「疑わしきは罰せず」と真犯人を裁けなかったり。
法律は双方代理人どうしが戦う訳ですが、
力の差で結果も変わってくるのでしょうね。
いろいろ考えさせられた作品でした。

| ワトソン | 2008/04/03 07:48 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mystones.blog58.fc2.com/tb.php/542-35f47b48

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。