好きな映画をさがして!

人に薦めたい映画DVDを、B級、洋画がメインに、独断有り、勘違い有り、思い込み有りですが、少しだけ鑑賞の参考になれたら幸せです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

グラディエーター★★★★★

グラディエーター 完全版 スペシャル・エディショングラディエーター 完全版 スペシャル・エディション
(2006/11/30)
ラッセル・クロウ



出演: ラッセル・クロウ, ホアキン・フェニックス, コニー・ニールセン, オリバー・リード
監督: リドリー・スコット

歴史スペクタルアクション
お薦め度:★★★★★
171分 アメリカ

内容 Amazon.より
グラディエーターとは、古代ローマ帝国時代の大衆への見世物として、巨大コロシアムで人間同士又は猛獣を相手に死ぬまで戦いを強いられた剣闘士のこと。
時は西暦180年。巨大コロシアムで戦うグラディエーターの中に、自らの野望しかない皇帝によって愛する妻子を殺され、英雄から奴隷の身におとしいれられたマキシマス将軍がいた。
彼は妻子の復讐のために真のグラディエーターとなるべく戦い続けるのであった。

感想
圧巻です。
号泣です。
正義は美しい。けど切ない。

それにしてもコロシアムというtころは凄いところですね。
古代ローマでは死闘を観て楽しむという究極の見せ物を
よくやっていたと思います。
技を競う格闘技を観るのとは違います。
日本でも昔は真剣の試合をやったようですが、
決闘者というのは、存在感が違うのでしょうね。
アドレナリンが出っぱなしなのでしょうか。
人間VS人間、猛獣VS人間の殺し合いは、
負ければ死です。後は有りません。
ストーリー的に陰謀、裏切り、復習、報復ドラマなどが
決闘を盛り上げてはいますが、
決闘シーンを再現してるだけでもこの作品を観る価値が有ります。

サバイバルなカタルシスにどっぷりの凄い作品です。
スポンサーサイト

| 感動ヒューマン映画 | 17:32 | comments:8 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

ラッセル・クロウ・・・♪(*^^*)

最近サンダルで「グラディエーター」ってのが出てるみたいですね!
今作ではいてるような、ふくらはぎくらいまである半ブーツくらいのサンダル。
なんで今ごろ・・・と思いますが。
靴屋のチラシでよく見るけど、流行ってんのかな?

今作は、最後、哀しすぎです(;;)
ホアキン・フェニックスを嫌いになりました・・・

| わさぴょん | 2008/07/16 18:37 | URL | ≫ EDIT

これはわたしも大好きです。

戦い抜いた先に見えたもの…。あのシーンが一番好きです。
このラッセル・クロウは男前です。

ちなみにグラディエーターサンダルは、今年の流行です。
何年か前から似たようなデザインのものはありましたが、
この名前で出たのは、今年からかも。

| Dolitea | 2008/07/16 19:21 | URL |

わさぴょんさん、こんにちは♪

サンダルですか。
涼しそうでいいですね。

ホアキンさんハマってましたね。
わたしもこの作品の悪いイメージでホアキンさんの
他の作品を観てしまいます。
なんというかそういうキャラクターなんですね。

| ワトソン | 2008/07/17 07:50 | URL |

Doliteaさん、こんいちは♪

ラッセル・クロウさんの、代表作ですよね。
カッコ良すぎます。
グラディエーター・サンダルまだ観てないけど
今年ははやるのかな~。
情報ありがとうございます。

| ワトソン | 2008/07/17 07:55 | URL |

はじめまして

はじめまして、おやじです。
ご訪問・コメントありがとうございました^^

このグラディエーターはおやじもお気に入りの1つです。
たしかこの年のアカデミー賞最優秀作品でしたよね?
この作品からラッセル・クロウのファンになりました。
ただ、ラッセル・クロウとケビン・スペーシーの顔が似ていると思うのはおいらだけかな^^;

| おやじ | 2008/07/19 10:32 | URL |

おやじさん、はじめまして♪

こんにちは~
私もラッセルクロウとケビンスぺーシーを始め混同してました。
今ではラッセルクロウはいい人役の印象が有ります。
ケビンスぺーシーは悪い人の役が似合ってます。
で分けてます(^^;

コメントありがとうございます。またお邪魔致します。

| ワトソン | 2008/07/19 11:25 | URL |

こちらも失礼します

これは素晴らしい傑作でしたね
私もお気に入りの作品です♪

映像美術音楽ストーリー役者と文句をつけるところが見つかりません

特に音楽(テーマ曲?)が物凄く好きで、iPodに入れて持ち歩いてるくらいです

| ヨヨ | 2009/02/02 10:09 | URL | ≫ EDIT

ヨヨさん、まいど♪♪

いらしゃいませ~
わたしも好きな傑作時代劇です。
復讐ドラマのカタルシスが
存分に味あえて言うこと無しです。
サウンドトラックという手がありましたか。DVDは持っていましたが(^^;

| ワトソン | 2009/02/02 10:26 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mystones.blog58.fc2.com/tb.php/629-d32c1d77

TRACKBACK

グラディエーター

西暦180年。 大ローマ帝国の皇帝マルクスは信頼するマキシマス将軍を次期皇帝に任命しようとするが、皇帝の息子コモドゥスは自らの手で父を殺害し、マキシマスの処刑を命じる…。 スペクタクル・アクション・ロマン。

| 象のロケット | 2008/07/16 23:24 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。