好きな映画をさがして!

人に薦めたい映画DVDを、B級、洋画がメインに、独断有り、勘違い有り、思い込み有りですが、少しだけ鑑賞の参考になれたら幸せです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

633爆撃隊

633爆撃隊 633爆撃隊
クリフ・ロバートソン (2006/08/04)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
この商品の詳細を見る


監督:ウォルター・E・グローマン
出演:クリフ・ロバートソン(アルジャーノンに花束を)
   ジョージ・チャキリス(ウエスト・サイド・ストーリー)

英国モスキート爆撃隊の活躍を描いた
航空戦争アクション映画の快作。





あらすじ

1944年の第2次世界大戦下、
633爆撃隊に秘密任務が与えられた。
それは間近に控えたノルマンディー上陸作戦のために
ドイツ軍の兵器用燃料工場の破壊だった。
どんな犠牲を払っても実行せよと言うそこは
断崖に守られた難攻不落の入り江にあった。
グランド中佐(クリフ・ロバートソン)以下の爆撃隊は
訓練の末、ついに攻撃に出発した。



感想
この映画の見所は最後の爆撃シーンです。
高射砲に守られたドイツ軍の燃料工場への爆撃は困難を極めます。
決死の覚悟で次々に攻撃を仕掛けますが失敗したり
自滅したりして破壊できません。
何発も爆発させないと効果が無いからです。
犠牲者続失です。全滅してでも任務遂行です。
かれらはノルマンディー上陸作戦を
成功させるための捨石になったのです。
私はこのシーンが感動的で好きです。
あとジョージ・チャキリスを解放するために
決断するところも印象に残るしーんです。

航空物戦争映画では良く出来た感動のお勧め作品の1本です。
スポンサーサイト

| 戦争映画 | 14:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mystones.blog58.fc2.com/tb.php/63-5c5a4e20

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。