好きな映画をさがして!

人に薦めたい映画DVDを、B級、洋画がメインに、独断有り、勘違い有り、思い込み有りですが、少しだけ鑑賞の参考になれたら幸せです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アンナとロッテ★★★★

アンナとロッテアンナとロッテ
(2005/05/18)
エレン・フォーヘル




出演: テクラ・ルーチン, エレン・フォーヘル, ナディヤ・ウール, フドゥルン・オクラス
監督: ベン・ソムボハールト

オランダのベストセラー小説の映画化作品
お薦め度:★★★★

137分 オランダ 2002年

内容
両親の死によってドイツと占領下のオランダに引き裂かれた双子の姉妹の悲劇を描いた作品。
1926年ドイツ。両親を失った双子の姉妹の別れ。
姉のアンナはドイツの農家へ、妹のロッテは結核を患ったことでオランダの
裕福な家庭へ引き取られた。
育ての親の判断で二人の子供はその後会うことはなかった。
ドイツが戦争を始めた頃、娘になった二人は再会することになった。
その頃アンナはドイツの伯爵夫人のもとでメイドとして働いていた。
ロッテは裕福なユダヤ人と婚約をしていた。
二人の運命は戦争に巻き込まれて又引き裂かれてしまうのだった。

感想
オランダ映画を始めて観たが,私には他の国の作品との違いは見つけられなかった。

第二次大戦時のドイツの人種差別を根強く描いていた。
ロッテの恋人はユダヤ人だったためにアウシュビッツへ送られた。
アンナの夫はオーストリア人だったが親衛隊員として戦地で散った。
老後二人は再会するのだが最後までお互いを言葉では許せなかった。
どちらも心では結ばれていた双子だったのだが・・・・。

数奇な運命をたどる双子は逆の環境だったらどうだっただろうか。
縁というのは不思議なものです。そんな余韻を残す秀作でした。

しかし、ラストでアンナがどうして太ってしまったのかが気になって仕方がありませんでした。
これ逆じゃないの?という配役に感動もすっ飛んでしまいました(^^;



トラックバックしてます。
アンナとロッテ


スポンサーサイト

| 戦争映画 | 15:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ワトソンさん(^^)こんにちは!
いつもありがとうございます。

この作品も未見なのですが、とても興味があります。
この頃のナチスドイツ、ホロコ-スト、人種差別の関連作品は色々鑑賞しているのですが、観たい作品リストにこの作品も入れようと思います。
ありがとうございます。

それとリンクの方もありがとうございました。 ワトソンさんにも昔から色々、教えて頂いたり、楽しませていただいております。 本当にいつもありがとうございます。(^^)
自分の方もリンクさせて頂きましたので宜しくお願い致しますね~
(^^)

| ユウ太 | 2008/08/04 17:20 | URL |

ユウ太さん、こんにちは♪

どちらかというと双子の物語なので、
<ナチスドイツ、ホロコ-スト、人種差別>は背景として
関わっている程度です。
戦争がなければ二人の人生は幸せだったでしょうけどね。

こちらこそいろいろ参考にさせていただいてます。
またお邪魔いたしますので。
よろしく♪

| ワトソン | 2008/08/05 08:23 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mystones.blog58.fc2.com/tb.php/644-69a2cb69

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。