好きな映画をさがして!

人に薦めたい映画DVDを、B級、洋画がメインに、独断有り、勘違い有り、思い込み有りですが、少しだけ鑑賞の参考になれたら幸せです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミラーズ・クロッシング ★★★★

いまさら話題に出来ないコーエンシリーズ3弾は
ハードボイルドギャングアクションの好きな人向け作品です。

ミラーズ・クロッシング (スペシャル・エディション)



<キャスト&スタッフ>
トム…ガブリエル・バーン(野沢那智)
レオ…アルバート・フィニー(阪 脩)
ヴァーナ…マーシャ・ゲイ・ハーデン(小山茉美)
バーニー…ジョン・タトゥーロ(曽我部和恭)
キャスパー…ジョン・ポリト(富田耕生)
エディ・デイン…J・E・フリーマン(有本欽隆)
フランキー…マイク・スター(島香 裕)

監督:ジョエル・コーエン
製作:イーサン・コーエン
脚本:ジョエル・コーエン&イーサン・コーエン
撮影:バリー・ソネンフェルド

お薦め度:★★★★
115分 アメリカ

<ストーリー>
1929年、禁酒法時代のアメリカ東部のある街。アイルランド系、イタリア系マフィアのボスが暗黒街で激しく勢力を争っていた。街を取り仕切るアイルランド系の大ボス、レオ。レオと固い男の絆で結ばれたバクチ打ちのトム。2人から愛されるしたたかな娼婦のヴァーナ。姉のヴァーナに守られて裏切りを重ねるチンピラのバーニー。裏切り、陰謀、欲望が渦巻き血なまぐさいギャング戦争の火蓋が切って落とされた──!

感想
なんと「ミスト」で宗教おばさんのマーシャ・ゲイ・ハーデンがボスの女ヴァーナとして主人公(ガブリエル・バーン)を惑わす美女を演じてました。
ギャングの抗争映画というのか、好きでないのでイマイチ入り込めなかったのですが、
脇のキャラも立ちまくりで、私も良い仕事してますで、スリルは有りました。

ガブリエル・バーンさんは好みでは無いのですが、
吹き替えの野沢那智さんが拾い物でした。


スポンサーサイト

| サスペンス、ミステリー | 15:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

観に行きました^^

前売り券まで買って観に行ったのは覚えてるのに
肝心のお話のほうはそれほど記憶には無い作品・・・
今観ると意外な人が出ていて面白そうですね~
ジャケ写のシーンは覚えてますが^^
あとはチョロチョロっとくらい・・・★

| わさぴょん | 2008/09/01 18:03 | URL | ≫ EDIT

わさぴょんさん、まいど♪

劇場での鑑賞でしたか。しかも前売りまで買ってとは
話題作だったのでしょね。
あらすじを言いますと大ボスの片腕の主人公が対立する
成り上がりのボスをつぶすため一芝居うって大ボスを守るのですが、
ついでに愛人の味見もして、お荷物の弟も片付けるサービスで
組織を守るという展開です。思い出しましたか?
スパイ物というスリルも楽しめます。
ジャケ写は弟を始末する所ですが・・・・。
一筋縄ではいかない展開はコーエン監督ならではかも。

| ワトソン | 2008/09/01 20:17 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mystones.blog58.fc2.com/tb.php/658-42296042

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。