好きな映画をさがして!

人に薦めたい映画DVDを、B級、洋画がメインに、独断有り、勘違い有り、思い込み有りですが、少しだけ鑑賞の参考になれたら幸せです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

容疑者Xの献身★★★★★

330418_100x100_001.jpg

容疑者Xの献身 (文春文庫 ひ 13-7)容疑者Xの献身 (文春文庫 ひ 13-7)
(2008/08/05)
東野 圭吾



監督: 西谷弘
出演: 福山雅治/柴咲コウ/北村一輝/松雪泰子/堤真一

ミステリー
お薦め度:★★★★★
128分 フジTV映画 2008年

内容
花岡靖子(松雪)は自宅へ押しかけてきた元夫を、
娘を守るため殺してしまう。
隣に住む数学教師の石神(堤)は花岡親子を守るため
完璧な死体処理とアリバイ工作をする。
一方、物理学者の湯川学(福山)は身元不明殺人事件絡みで
旧友の石神の存在を知り事件の捜査を開始する。
石神は数学の天才であり大学時代は心の友だったのだ。
石神の靖子への献身の理由が明かされる時、
感動の切ない人間ドラマが待っていた。
330418_100x100_003.jpg

感想
映画を観る人には原作を読んで結果が判っている人、
読んでないで映画だけで楽しむ人と有りますが、
私のような途中まで読んだけど詰めはまだ読んでない
という人が一番楽しめるのではないかと思いました。

原作TV化のガリレオシリーズの延長線上の作品ですが、
いつもの物理学で解決する訳ではなく、
地道な推理で謎解きする湯川の前に立ちはだかる
石神との知恵比べは見所十分のサスペンスになってます。
被害者は悪い人、容疑者はいい人でも法律を守るために
友人でも犯人なら捕まえる事について、考えさせる作品でもあります。
330418_100x100_002.jpg

特に堤真一の社会に押しつぶされた不幸な天才石神の熱演が涙を誘う。
石神の献身にどうしてそこまでやるのか、には人に言えない理由があった。
ラストで想定外の靖子の行動に、湯川に敗北したと同時に
靖子に思いは伝わったと感じた石神は幸せだったのかも知れない。
スポンサーサイト

| 良質邦画 | 10:15 | comments:6 | trackbacks:11 | TOP↑

COMMENT

こんにちは!
ラストの石神の嗚咽するシーンは、印象的でした。
東野作品、さすがです!
私はこれから小説を読み進めて行こうと思います。
ただいま、三分の一読み進めていますが、多少のシュチュエーションの違い、名称の違いがあるようですが、大筋なストーリーは同じのように感じたんですが、またラストまで読んでいないので、感想は控えさせていただきます。ワトソンさんも高評価で安心しました。

| ぴーち | 2008/10/05 12:33 | URL |

ぴーちさん、まいど♪

ほんとに堤さんの嗚咽は凄かったです。
私も完読してもう一度感動を味わいたいと
思います。
今年の邦画は豊作でしたね。
泣ける作品っていいですね。
やはり原作が好いと違いますね。
いい作品でした。

| ワトソン | 2008/10/05 22:33 | URL |

こんばんは!
TB&コメントありがとうございました♪
かなり面白い映画に仕上がっていましたね~
テレビシリーズの軽いノリだったらどうしよう、、、と一抹の不安がありましたが、原作を尊重した重厚なドラマで見応えがありました。
やはり堤さんと松雪さんの演技が良かったのではないでしょうか。
特に堤さんには涙を誘われましたね~
ワトソンさんは原作を途中までお読みなので、尚更心に迫るものがあったかもしれませんね。
私は原作の石神より、堤さんが演じた石神の方が好きで、かなりジーンとしました。

| 由香 | 2008/10/06 18:52 | URL |

由香さん、まいど♪

映画を観る時はいつも過度な期待しないようにしているのですが、この作品は予想以上の面白さでした。
伏線が効いていて天才同士の頭脳戦も見応えあり、
その上守りたい物が違うために切ない結果となってしまった結末に正義とは何かを考えさせる秀作でした。
久々に涙した作品でした。
どうも自己犠牲にはいつも涙腺直撃です(^^;
堤さん今年はいい作品に恵まれましたね。

文庫ですが原作と違う部分を確認しながら楽しく読んでます。

| ワトソン | 2008/10/06 20:56 | URL |

容疑者Xのほうにコメント、ありがとうございました!

>私のような途中まで読んだけど詰めはまだ読んでない
という人が一番楽しめるのではないかと
いい方法ですよー!(笑)
私も『アヒルと鴨のコインロッカー』の時は、この方式で楽しみました。

よい原作を、上手く映画化したものを観れて、一観客として嬉しい限りです。

>堤さん今年はいい作品に恵まれましたね。
うんうん、ほんとです。
この役は、堤さんの別な一面を見れて、良かったですよ~。

| 管理人 | 2008/10/13 23:34 | URL |

管理人さんへ、こんにちは♪

この途中まで読む(半読み)は有効ですよね。
原作で登場人物の背景を押さえて、
映画で展開を愉しむみたいな。
私も「ダビンチ~」では映画を先に観て
あまりの展開の無謀さにあきれかえり
原作には手も触れてません。
それが良かったのか分かりませんが・・・。

堤さん作品を選べばと思うのですがね、
でも「クライマーズ~」は良かったですね。

これからもよろしく


| ワトソン | 2008/10/14 07:50 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mystones.blog58.fc2.com/tb.php/686-3aa419e4

TRACKBACK

容疑者Xの献身

天才物理学者・湯川教授が生涯で唯一天才と認めた男・天才数学者の石神哲哉は、娘と二人で暮らす隣人・花岡靖子に淡い思いを抱いている...

| ピアニッシモ・ストーリー | 2008/10/06 13:22 |

容疑者Xの献身

東野圭吾さんのガリレオシリーズ『探偵ガリレオ』『予知夢』『容疑者Xの献身』は読みました~で、、、≪第134回直木賞、第6回本格ミステリ大賞≫を受賞し、『~運命の数式。命がけの純愛が生んだ犯罪~』というキャッチコピーの元、涙なくしては読めない―という超人気作?...

| ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2008/10/06 18:47 |

「容疑者Xの献身」映画感想

大分前に本を読んでた、容疑者Xの献身の映画化です。原作は探偵ガリレオの前に読んでいます。これはガリレオシリーズとは言いな

| Wilderlandwandar | 2008/10/06 19:01 |

人の心は計算できない。『容疑者Xの献身』

第134回直木賞を受賞した東野圭吾の小説を映画化した作品です。

| 水曜日のシネマ日記 | 2008/10/07 20:18 |

★「容疑者Xの献身」

今週の平日休みは、ららぽーと横浜の「TOHOシネマズ横浜」で3本まとめ鑑賞。 いよいよ6000マイル達成で、1ケ月無料パスを使いまくります。 本日の2本目は、フジテレビの人気ドラマシリーズ「ガリレオ」の映画化。 映画主演は確か初めての福山雅治と、ひらり...

| ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ | 2008/10/10 04:02 |

『容疑者Xの献身』

 TV連続ドラマ『ガリレオ』の好評を受け  東野圭吾の原作を映画化    個人評価 ★★★  『 映画雑感 』 (劇場鑑賞)

| 『映画な日々』 cinema-days | 2008/10/13 20:00 |

容疑者Xの献身

物理学者が友を想う時、数学者は恋をする。 帝都大学理工学部物理学科の准教授、湯川学(福山雅治)が、今度の事件に興味を持ったのは、...

| 描きたいアレコレ・やや甘口 | 2008/10/13 21:47 |

『容疑者Xの献身』@日劇

天才物理学者・湯川教授が生涯で唯一天才と認めた男・天才数学者の石神哲哉は、娘と二人で暮らす隣人・花岡靖子に淡い思いを抱いている。ある日、靖子の元夫・富樫が死体となって発見された。離婚後も何かと靖子たちに付きまとい、どこへ引っ越しても現れては暴力を振るって

| 映画な日々。読書な日々。 | 2008/10/15 23:10 |

容疑者Xの献身

献身る(まもる)  

| Akira\'s VOICE | 2008/10/16 10:21 |

容疑者Xの献身

東野圭吾の原作は読みましたが、 この映画は人気テレビシリーズのキャラクターが 事件を解決する様子。 どうなるんでしょう? ある日、河原で顔を潰され指紋も焼かれた殺害遺体が発見された。 被害者の離婚した元妻・花岡靖子の所に聞き込みに行った内海・草薙両刑...

| 映画、言いたい放題! | 2009/03/09 13:48 |

『容疑者Xの献身』’08・日

あらすじ惨殺死体が発見され、内海(柴咲コウ)は先輩と事件の捜査に乗り出す。捜査を進めていくうちに、被害者の元妻の隣人である石神(堤真一)が、ガリレオこと物理学者湯川(福山雅治)の大学時代の友人であることが判明。内海から事件の相談を受けた湯川は、石神が事...

| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2009/09/17 07:53 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。