好きな映画をさがして!

人に薦めたい映画DVDを、B級、洋画がメインに、独断有り、勘違い有り、思い込み有りですが、少しだけ鑑賞の参考になれたら幸せです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「シャインアライト」ローリングストーンズ★★★★★

ザ・ローリング・ストーンズ×マーティン・スコセッシ「シャイン・ア・ライト」O.S.T.ザ・ローリング・ストーンズ×マーティン・スコセッシ「シャイン・ア・ライト」O.S.T.
(2008/04/09)
ザ・ローリング・ストーンズバディ・ガイ 

日本公開 12月5日 たぶん都市圏のみ(^^;


ShineALight2thumb.jpg
ロックミュージックを語る上で、ストーンズのライブを体験しないと
何を言っても空しく聞こえます。(ビフォー&アフターの世界かもですが)
それはロックバンドの理想の姿がストーンズにあるからだと思います。
どれだけストーンスに近づけるかというのが、それこそバンドの寿命に繋がっています。

いまのロックシーンの頂上に君臨し続ける彼らの昔の使命は
ブルーズ音楽の面白さを多くの人に伝えたいでした。
それは今も変わっていないのかも知れません。(大金持ちになったけど)
ディズニーランドが常に未完成でエンドレスな様に
ストーンスも未完成な荒削りさで我々を惹き付けて放しません。

巨匠マーチン・スコセッシ監督もストーンズにハマったひとりです。
ストーンズのライブ体験をどうしても記録したい要求に突き動かされ
現在最高の撮影スタッフを集めて物にしたドキュメントです。
編集に天才的な才能を遺憾なく投じたスコセッシ監督入魂の映画作品に
名作「ラストワルツ」以上を期待するのはいけないことでしょうか?

監督:マーチン・スコセッシ
出演:ミックジャガー、キース・リチャーズ、チャーリー・ワッツ、ロン・ウッド、バディ・ガイ

ロックライブドキュメント
期待度:★★★★★
122分 アメリカ 2008年製作

内容 (シネマトゥデイより)
  2006年秋、ニューヨークのビーコン・シアターで行われたザ・ローリング・ストーンズのライブを、マーティン・スコセッシ監督が撮ったドキュメンタリー。
収容人数2,800人の劇場を舞台に、世界一の撮影スタッフがあらゆる機材を駆使し、ライブの全体像から舞台裏までを映しだす。
ジャック・ホワイトやバディ・ガイ、クリスティーナ・アギレラという豪華ゲストとの競演や、40年以上にわたり第一線を走り続けてきたザ・ローリング・ストーンズの迫力あるパフォーマンスを楽しめる。

感想
まだ観てないので、
今は期待してますとしか言えないです。

観てから追加します(^^;




全くすばらしい映画でした。自分のところでは公開していないので、
片道3時間弱費やして鑑賞しました。
どうしてもっと公開しないのでしょうか?
こんなに興奮度が高いのに残念です。

内容
興奮状態のスコセッシ監督の気持ち痛いほど伝わってきます。
ライブ前の準備段階でのごたごたのスコセッシ監督の様子が
程よく嵐の前の静けさのようにわくわくさせてくれます。
いざスタートの合図で「ジャンピン~」が始まり、次々にアップテンポの曲が
怒濤のごとく押し寄せ完全にストーンズの世界に浸りながら、いつか緊張感の極限まで
達している自分を発見しました。やっと息が抜けたのが「アズティアーズゴーバイ」になって
ミックがジョークを飛ばしたときでした。
ゲストのバディ・ガイを交えてのブルーズセッションがストーンズサウンドのルーツ、
ブラックミュージックへの敬意を感じさせて心地よかったけど、
既にその頃には緊張感が解け幸福感一杯のもうろう夢うつつ状態でした。
最後の「サティスファクション」のキースのギターで我に帰りましたが、
終演に向かう一抹の寂しさを感じながらこの至福の時を
目に焼き付ける事が出来たらと願うばかりでした。
いよいよコンサートが終わりマーチン・スコセッシ監督のカメラ指示に苦笑しながらも
NYの夜景を鳥瞰し、改めてストーンズのファンでよかったと確認しました。

なぜか「フォーエバーヤング」という歌を思い出しました。
帰りに買ったパンフレットの情報量の多さにも感激しました。
スポンサーサイト

| 音楽関係映画 | 11:57 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

もうすぐですね~♪
期待するなと言うほうが野暮ってもんですよ。
個人的に今年の数少ない大イベントのひとつです。

| kingbee | 2008/11/27 22:24 | URL |

kingbeeさん、まいど♪♪

ハル・アシュベリー監督の「レッツスペンドナイトツギャザー」も好きですが、マーチン・スコセッシ監督の今作も多聞好きになるでしょうね。
そう言えば「レッツ~」も東京へ観に行ったっけ(^^;

| ワトソン | 2008/11/28 08:00 | URL |

最高でしたね

TBありがとうございました。
ワトソンさんもストーンズのファンだったのですね!
劇場にはいかにもファンらしき人たちがたくさんいたのですが
なぜかライブ会場のような雰囲気にはなりませんでした。
初日でなかったからかもしれませんが、
それがちょっと残念でした。
あの臨場感だったら、ノリノリで歌ってもよかったなと(笑)
この映画でスコセッシ監督にはじめて親近感をおぼえました。

| masktopia | 2008/12/27 23:31 | URL |

masktopiaさん、まいど♪

最高のLIVE映画でした。
本物はなかなか観られませんから、
大変嬉しいです。
スコセッシ監督の気持ちが痛いほどわかります。
DVDが待ち遠しいです(^^;

| ワトソン | 2008/12/28 09:32 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mystones.blog58.fc2.com/tb.php/712-a8d8bb64

TRACKBACK

ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト◆いまひと度の伝説

   画像:「シャイン・ア・ライト」オリジナル・サウンドトラック   「ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト」 (2008年・アメリカ) このレビューをどう書き出せばいいか、ずっと悩んでいた。もしあなたがローリング・ストーンズなんて興味の対象外?...

| 好きな映画だけ見ていたい | 2008/12/27 23:32 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。