好きな映画をさがして!

人に薦めたい映画DVDを、B級、洋画がメインに、独断有り、勘違い有り、思い込み有りですが、少しだけ鑑賞の参考になれたら幸せです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アイム・ノット・ゼア★★

CDはホント愉しめたけどDVDは最悪の作品でした。
これを観るなら本物のDYLANのドキュメントを観ましょう。
それのほうが断然面白いはずです。

アイム・ノット・ゼア [DVD]アイム・ノット・ゼア [DVD]
(2008/10/24)
クリスチャン・ベイルケイト・ブランシェット



出演: クリスチャン・ベイル, ケイト・ブランシェット, リチャード・ギア, ヒース・レジャー, ベン・ウィショー
監督: トッド・ヘインズ

ある音楽家の半生の再現
お薦め度:★★
136分 アメリカ 2008年

内容 Amazonより
女優のケイト・ブランシェットも含め、6人の俳優がボブ・ディランを演じる。とは言ってもディランの人生をそのまま再現するわけではなく、デビュー以前の彼の心象や、キリスト教に傾倒した時代、さらに彼の歌詞を象徴するビリー・ザ・キッドの世界など、6人が演じるのは、ボブ・ディランの「断面」。そこからひとりのアーティストの素顔を浮き上がらせようとするのが斬新で、このアプローチだけでも本作の意義はあると言っていい。

感想
まったくしょうもない映画です。
DYLANファンの人がみたらとんでも無いと思うし、
DYLANを知らない人がみたら誤解してしまうでしょう。
良いところが有るとすれば使われたDYLANの音楽だけでしょうか。

6人の俳優が演じるDYLANらしい音楽家も
元ネタを見ている物には
白々しいだけだし、知らなければ只の孤独な男の戯言
としか見えません。

こんな映画を作って見せる意味が見つかりませんでした。
あのDYLAN本人が良く許可したものだと不思議です。
音楽を映画で表現する難しさをいつも感じてます。
もっと他のアプローチの仕方がなかったのだろうか?
DYLAN IS NOT THERE.としか言えません。

ただしサウンドトラックのCDはさすがに飽きさせません。
スポンサーサイト

| 音楽関係映画 | 01:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

そうなんだ~^^;
「ファンが観たら許せない」作品の典型みたいですね☆
でもケイト・ブランシェットがどうディランになりきっているのか興味があるので
旧作になったら借りるかも♪

| わさぴょん | 2008/12/05 18:35 | URL | ≫ EDIT

わさぴょんさん、まいど♪

こんばんは~
この手の再現作品で納得の言ったものは
皆無だったのを思い出しました。
今作も失敗しています。
ケイト・ブランシェットは似て非なる者でした。この作品は誤解に満ちています。
こんな映画で表現出来るほど単純でも
退屈でもありません。
それを昔から言っていたのはディラン自身だったのですから。

| ワトソン | 2008/12/05 21:41 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mystones.blog58.fc2.com/tb.php/715-6cb2ef20

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。