好きな映画をさがして!

人に薦めたい映画DVDを、B級、洋画がメインに、独断有り、勘違い有り、思い込み有りですが、少しだけ鑑賞の参考になれたら幸せです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ベンジャミン・バトン★★★★

ベンジャミン・バトン  数奇な人生 (角川文庫)ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (角川文庫)
(2009/01/24)
フィツジェラルド



監督:デビッド・フィンチャー
出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、

恋愛ファンタジー
お薦め度:★★★★
177分 アメリカ 2009年

内容
1918年、ニューオーリンズ。裕福なバトン家に母の命と引き換えに生まれた子供は、
80歳の姿で産まれたため老人ホームに捨てられてしまう。
住み込みで老人ホームに勤めるクイニーは老けた赤ん坊を育てる事にした。
ベンジャミンと名づけられた赤ん坊は丈夫に育ち若返ってゆくのだった。
実はボタン工場の御曹司に生まれた主人公(ベンジャミン)でしたが、
その容姿のため父親に捨てられてしまったのだ。
その後父親と何度か再会するのだが・・・・・。

時は経ち施設内の老婦人に面会に来た美少女デイジーに恋をした主人公。
さらに時は過ぎて少し若返ったベンジャミンは船乗りの仕事で旅に出る。
旅先では童貞喪失、ホテルで有閑マダム(死語?)と意気投合、
失恋を経て大人に(より若く)なったベンジャミンはホームへ帰郷する。
そこで偶然再会したデイジーはもちろんさらに美しい娘に成長していた。
しかし、外見老けていた主人公とは当然の友達関係のままで、
彼女はバレエダンサーを夢見て本場パリへ向かうのだった。

時は経ちダンサーとして成功していたデイジーは、
アポ無しでNYの劇場へ逢いに来たベンジャミンに対して
事務的な社交辞令を返すだけだった。
ダンス命の彼女にとってベンジャミンは、すでに
友達以上の特別の人ではなかったのだ。
用件を言えなかったベンジャミンは落胆の内に帰国する。

時は過ぎ戦争で船と仲間を失ったベンジャミンは古巣の家で
彼女の交通事故のニュースを知りNYの病院へ駆けつけるが・・・・。


感想
まさに「数奇な人生」ですね。
逆行する人生にも救いは有る物ですね。
単純思考のベンジャミンですが、
好い人と幸運に恵まれました。
ひと目ぼれの人と結ばれて幸せの生涯だったと思います。
後半には何度か襲ってくる涙腺直撃シーンが有り、
ベタなのに泣けてくる(やられました)作品となっています。
老人達のたくさんの死が出てきます。
ビミョーですが後味は良いです。

最近の特撮技術はすごいです。
使い方にセンスが問われる時代になったようですね。
雷に7度遭遇した爺さんの話が面白いです。





日本にもよく似ている秀作が有ります。
山田太一の小説を映画化した
飛ぶ夢をしばらく見ない (新潮文庫)飛ぶ夢をしばらく見ない (新潮文庫)




「飛ぶ夢をしばらく見ない」という
悲しくも切ない作品です。

飛ぶ夢をしばらく見ない [DVD]飛ぶ夢をしばらく見ない [DVD]
(2005/03/23)
細川俊之石田えり

商品詳細を見る


これはベンジャミンとは逆に謎の女性(石田えり)さんが逆行してゆくのですが、
知る人ぞ知る秀作だと思います。ラストは号泣必至かも。
よろしければご覧下さい。
スポンサーサイト

| ファンタジー、名作 | 23:56 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

観てきました!

感動しました~(><)
ワトソンさんのおっしゃるとおり、
「絶対泣くぞ、ベタだし。」
って思ってたら、やっぱしやられましたね(^^;)
私も、7回雷に打たれた爺さんの話には思わずくすっとしてしまいましたw

| こま | 2009/02/18 14:46 | URL |

こまさん、まいど♪

こんにちは~
淡々としていましたけど、
泣き所が用意されていましたね。
わざとらしくないのが・・・。
この監督上手いです。
泣きツボがしっかり押さえられていました。負けました(^^;

| ワトソン | 2009/02/18 15:19 | URL |

>雷に7度遭遇した爺さんの話が面白いです。
あー、あったあった!
あのおじいさん!!
確かに面白かったですね。

1人の人生をじっくりと描いたなかなかの大作でしたね。
長かったけど、色々なキャラクターが生き生きと描かれていて楽しめました。

| 髭ダルマLOVE | 2010/04/19 21:44 | URL |

こんにちは~
どうもウッカリしておりまして申し訳ありません。

浦島太郎とはチョット違うけど面白い発想でしたね。
同じに年を取る事はある意味幸せだったのですね。
当たり前のことを気づかせてくれた好作品でした。

雷に当たれば生きていられないと思うけどね。

| 髭ダルマLOVEさん、まいど♪ | 2010/04/30 10:26 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mystones.blog58.fc2.com/tb.php/757-fa34b8dd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。