好きな映画をさがして!

人に薦めたい映画DVDを、B級、洋画がメインに、独断有り、勘違い有り、思い込み有りですが、少しだけ鑑賞の参考になれたら幸せです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

純喫茶磯辺★★★★★

久々に人に勧めたくなる面白さのある邦画でした。
ヒロインと父親におこった切なくも痛い想い出のひとときが
ユーモラスに描かれた人間ドラマです。

純喫茶磯辺 [DVD]純喫茶磯辺 [DVD]
(2009/02/06)
宮迫博之仲里依紗




出演: 宮迫博之, 仲里依紗、 麻生久美子、濱田マリ、ダンカン、斎藤洋介、ミッキーカーチス、近藤春菜
監督: 吉田惠輔

ホームコメディ
お薦め度:★★★★★

113分 日本 2008年

内容 ネタバレ付
ヒロイン磯辺咲子(仲里依紗)の父裕次郎(宮迫博之)は病死したじいさんの
遺産を総取りで地道な配管の仕事を辞め家にこもってボーッとしていた。
暇つぶしに立ち寄った喫茶店で女性客にモテモテのマスターにあやかろうと
「喫茶店磯辺」を開業することになった。
しかし、店は趣味が悪くて(キャバクラ仕様のインテリア)まともな客もなく、
祐太朗と咲子とアルバイトのおばさん(近藤春奈)で閑古鳥を鳴かせていた。
そんなとき祐太朗は客としてきた素子(麻生久美子)に店員の募集を尋ねられ
(一目惚れ状態で)採用を即断してしまった。
(押し出し式で悲しくもおばさんはリストラです)
開放的な素子は(そしてここが売りともいう)超ミニのメイド服を着て店頭チラシくばり。
即、店は繁盛で客層もオタクからロリコンまで多種多様を呈した。
素子目当ての客(ダンカン)の猛アタックに気が気ではない裕次郎。
一方、自称作家の寡黙男に一目惚れの咲子は
小説家の家を訪ねる処まで発展するが・・・。



脇役の小ネタも笑えるが、宮迫のダメ男の熱演が印象深い。
しかし、なんといっても仲里依紗のキュートなはじけぶりと
麻生久美子のフェロモン大盤振る舞いの吹っ切れた演技でしょうか。

素子は謎の女です。元彼に殴られたり、居酒屋で(咲子に結婚を阻まれ)裕次郎に
成り行きの過去を告白するが(真実かどうかは素子の胸の中ですが)突然店から消えていた。
ある日咲子は素子と出会うが北海道へ帰るという彼女から裕次郎への手紙を預かる。
傷心の裕次郎は手紙を読んで自転車で駆けつけるが・・・。

この後どんでん返し落ちが待っていようとはすごいです。


感想
ひさびさに爽快感の残る面白い邦画に巡り会った。
宮迫のダメぶりが上手い。
仲里依紗の女子高生が見事にハマっている。
麻生久美子の切ない過去を持つ女がまた好い。
共演者のテンションも高くて好感度大。
ありふれた話をここまで面白くする
脚本兼監督のコメディセンスもノリも最高な感じです。
難があるとすれば言葉が聞き取りづらい事ぐらいです。
(字幕がほしいかも)

定番だが前振りもあるし落ちもある、
私には言うこと無しの傑作でした。


スポンサーサイト

| 良質邦画 | 23:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mystones.blog58.fc2.com/tb.php/768-e13f17ac

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。