好きな映画をさがして!

人に薦めたい映画DVDを、B級、洋画がメインに、独断有り、勘違い有り、思い込み有りですが、少しだけ鑑賞の参考になれたら幸せです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

木枯らし紋次郎が観たい!

スペシャルドラマでどんな風に蘇えったのか。
5/1の9PMにフジTVでオンエアーです。



笹沢佐保の木枯らし紋次郎が江口洋介で再現されるという。
上州無宿の紋次郎。
時代劇サスペンスのどんでん返しが有るのだろうか?
元祖中村敦夫さんもカメヲ出演しています。

あらすじはフジのホームページより

 時は天保の大飢饉のころ、貧しい者たちは貧困にあえいでいた。そんな時代の甲州で、一挺の駕籠が農民たちに襲われた。乗っていたのは松坂屋の後添い、お市(若村麻由美)。逃げるお市の前に長いようじをくわえた渡世人、紋次郎(江口洋介)が現われた。助けを求めるお市たち。だが紋次郎は「あっしには関わりのねぇこって」と言って取り合わない。そこに別の渡世人、小判鮫の金蔵(小澤征悦)、源之助(渡辺いっけい)らが通りかかる。農民を叩き斬る源之助。紋次郎は我関せずと歩き出してしまう。見送るお市と金蔵。


 峠の茶屋で休んでいる紋次郎のところに金蔵が再び現われる。「木枯し紋次郎さんとお見受けしやした」と話しかける金蔵。あてがないという紋次郎に鰍沢の切石の仙造親分(成瀬正孝)のところにわらじを脱ぐよう案内する金蔵。
 仙造のところでしばし厄介になった紋次郎が出発しようとすると、金蔵が「お市が店に寄って欲しいと言っている」と話しかける。気の進まない紋次郎を連れて行く金蔵。お市は、乱暴者の源之助を斬って欲しいと頼む。断る紋次郎。するとお市は代わりに亡くなった先妻の子で、鶴吉(趙民和)という男と駆け落ちしたおまん(ともさかりえ)とその子どもを松坂屋の跡取りにしたいので連れてきて欲しいと言うのだった。
 そのころ、仙造が渡世人に襲われて命を落とした。それを見つけて驚く源之助。遺体には長い竹の楊枝が握られていた…。
 韮崎(にらさき)のおまんの家を見つけて入る紋次郎。すると、おまんが子どもを間引きしようとしているところだった。「親の勝手な理屈で殺しちゃいけねぇ」と止める紋次郎。お市から頼まれたという話をする紋次郎に、「私たちを追い出したお市がそんなことを言うはずがない」と訝るおまん。だが、背に腹は代えられず、実家へ帰ることを決意する。紋次郎は稼ぎに出かけたまま戻らない鶴吉を捜しに出かける。
 道中、紋次郎を待っていたのは金蔵だった。金蔵は紋次郎が仙造親分の身内衆に狙われていると告げる。訳が分からない紋次郎。追っ手は源之助を頭に8人、それと自分だという。金蔵の真意が分からない紋次郎。金蔵の言ったとおり、紋次郎は源之助たちに襲われた。佐吉(千葉哲也)が「仙造親分を殺して上前をはねたな!」と叫ぶ。間一髪逃げ切る紋次郎。
 傷の手当てをしている紋次郎に再び近づく金蔵。紋次郎は仙造の遺体のそばに長いようじがあったという事実を知る。そのころ、源之助たちは、韮崎宿で紋次郎を見つけた者に賞金を出すと触れ回る。その中に1人、年老いたやくざ者・義作(中村敦夫)がいた。「大金を出すくらいの相手だ。お前らには無理だ」とつぶやく義作。その中には鶴吉の顔もあった。
 翌日の韮崎宿。鶴吉を捜す紋次郎の姿があった。旅籠に勤めているという話を聞き、歩き出す。紋次郎がいたという情報が源之助に入る。鶴吉もまた神社の境内で紋次郎を見つける。自分の手で始末しようとする鶴吉。だが、紋次郎の敵ではない。追い詰められる鶴吉。だがその時、紋次郎が自分を探していると言うことを知る。笑みを浮かべる鶴吉。「よかったら鶴吉のところに案内しますぜ」そう言って紋次郎を案内する鶴吉であった。

上条恒彦の「だれかが風の中で」が懐かしい。
市川監督の傑作がどう蘇えるのか期待したい。
スポンサーサイト

| TVドラマ | 23:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mystones.blog58.fc2.com/tb.php/796-f86abec6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。