好きな映画をさがして!

人に薦めたい映画DVDを、B級、洋画がメインに、独断有り、勘違い有り、思い込み有りですが、少しだけ鑑賞の参考になれたら幸せです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エレファント  再

再トライです。監督つながりのトラバです。よろしく

エレファント デラックス版 エレファント デラックス版
ジョン・ロビンソン (2004/12/03)
ジェネオン エンタテインメント
この商品の詳細を見る


監督:ガス・バン・サント(グッド・ウイル・ハンティング
出演:ジュン・ロビサソン
   アレックス・フロスト
   エリック・ロウレン


コロラド・コロンバイン高校の
銃乱射事件をモチーフに作られた
ある青春を描いた必見のドラマ





舞台はオレゴンのポートランドの高校
いじめられっ子アレックスと友達のエリックは
通信販売のライフルを手に、
その時までは静かで平和だった学校へ乗り込んでゆく。
そして銃撃が始まった。

淡々とした日常的な光景が一瞬のうちに
修羅場に変わって行く。
何が起こってるか解らずに
逃げ惑う生徒達に容赦なく
銃が向けられ発射される・・・





現役高校生を使い設定を決めただけでほとんどアドリブの
演技だったというリアルなドラマ展開に
美しい風景を長まわしで見せるカメラワーク
衝撃のラストまでじっくり見せてくれます。
観終わった後に考えさせられる貴重な体験が出来る作品です。
「エリーゼのために」のピアノが耳に残る。いつまでも

何度も確認したくなる映画です。
一度は御覧下さい。



スポンサーサイト

| 青春映画 | 07:55 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

この映画観たことないんですが、「グッド・ウィル・ハンティング」の監督なんですねぇ♪
グッド・ウィル・ハンティングは私の中でベスト3に入るぐらい大好きなんで、同じ監督の「エレファント」も観てみたいです(^_-)-☆

| パッチ | 2006/08/29 13:36 | URL |

先生コメント有難う御座います
私も知らなかったのですが同じ監督でしたね。
DVDにメイキングとインタビューも有り
この映画の狙いが解ります。
先生のような映画好きの人に
特にお勧めしたい作品です。
私もあまり知らないで観たのですが
良く出来ています。

コロンバイン高校の事件は犯人の二人が
ボーリングをプレイしてから
学校へいって惨劇に成ったようですが、
こちらはピアノでベートーベンの
名曲をひいてからの犯行でした。

何より凄いのはライフル銃が
簡単に手に入る社会です。
偶発事故は起きても不思議は無いです。(><)
本当に死ぬ気になれば何でもありです。

| ワトソン | 2006/08/29 15:27 | URL |

こんにちは~いつもどうもです~

この作品かなり観たくて凄く想いを寄せている作品です。
ワトソンさんお勧めということなので近々、是非とも観てみます。
期待大ですね!

| ユウ太 | 2006/10/25 11:32 | URL |

私も是非観ておくべき1作だと思います。
『ボウリング・フォー・コロンバイン』では不公平感を拭えませんでした。
それにくらべて淡々とドキュメントタッチで描いたこの『エレファント』では、ごくごく平凡な毎日の中で、こんなにも簡単に悲惨な出来事が行われる恐怖をひしひしと感じました。
私には、「語らない」ことの方が、「語る」ことより より饒舌に感じたのですけれど・・・

| mariko | 2006/10/25 18:28 | URL | ≫ EDIT

ユウ太さんへ

いつもコメント有難う御座います。今回は沢山頂いて(^^)とりあえずこの作品から。
「エレファント」はユウ太さんの様な映画好きの人なら納得出来る内容だと思います。
ヒーローはいないし、平凡な日常がいっぺんに惨劇の舞台になってしまう状況が淡々と描かれていてるのですが、忘れられない作品になってしまいました。映像が明るいのが、内容と対照的で良かったです。

| ワトソン | 2006/10/26 07:53 | URL |

marikoさんへ

いつもコメント有難うございます。
marikoさんもこの作品を気に入った様ですね。
確かに「語らない」事の方が訴える力が有る、そんな作品でした。この監督の作品は要チェックですね、いい意味で。

| ワトソン | 2006/10/26 08:00 | URL |

エレファント観ました。

待望の鑑賞でした が かなり何とも言えない感覚に襲われました。
この作品は一言で言うと「深い」です。

本当に淡々と、ただ淡々と進んでいきましたね。
日常をとらえた無の描写、ただ廊下を歩く無の演出。
だからこそリアルに「ふ-ん」てな感じで時間が過ぎて行きましたが中盤から妙な緊張感に襲われ、衝撃の事件へと 本当に普通からいきなり始まるという恐ろしい作品でしたね。
まるで再現VTRを観ているかの様な作りには脱帽しました。
そして考えさせられる「深い」作品です。
昨日の夜、一人で鑑賞しましたが今日になってラストの場面がフラッシュバックされました。
あえてメッセ-ジ性のない作品ですが、あとから強烈にジワジワ来ますね~。 
それが狙いでこの作品が投げかけてくるメッセ-ジなのかもしれませんね。

| ユウ太 | 2006/10/30 19:40 | URL |

ユウ太さんへ

いつもコメント有難うございます。
ユウ太さんの言う様に「深い」という表現が相応しい気がします。何気ない日常が惨劇の舞台に変わるときも淡々と過ぎていきますね。言葉で説明する事も無く、いじめとか無差別報復とか銃規制とかいろいろの事が無言の内に伝わってきました。私もしばらくフラッシュバック状態でした。

| ワトソン | 2006/10/30 20:56 | URL |

ボディブローのような作品

またまたお邪魔します^^
この作品は皆さんおっしゃるように後からじわじわ来る作品でしたね~
私もボディブローのようなこの作品には、かなりヤラられました。
「エリーゼのために」がこんなに悲しくて恐ろしい旋律に聞こえるなんて・・・
ガス・ヴァン・サント恐るべし、です。

| わさぴょん | 2007/08/21 20:23 | URL | ≫ EDIT

さわぴょんさんへ

またまたコメントありがとうございます。
そうすね。「ボディーブロー」の様に後からきますね。
今でも一つ一つのシーンが浮かび上がってきます。
ドキュメントの様に撮られてるけど、
実は計算された映像だったのに驚きました。
まさに恐るべしですね。
ついでに「ジェリー」も観ましたか。
監督は実験的な作品が好きなのでしょうか。

| ワトソン | 2007/08/21 21:43 | URL |

「ジェリー」って

「ジェリー」と言うのは観てません。というか、今はじめて聞きました。
実験的か~どんなんだろ~観てみたいです^^
一番最近の「ラストデイズ」を見たとき、ちょっと「エレファント」に似た撮り方だな
と思いました。
でもそれまでは普通のストーリー物を撮ってましたよね・・・
(ってまだG・V・サント監督作は半分くらいしか観てませんが)

| わさぴょん | 2007/08/22 06:54 | URL | ≫ EDIT

わさぴょんさんへ

こんにちは~
私もこの監督のは4作品です。
「グッド・ウィル・ハンティング」
「小説家を見つけたら」
「エレファント」
「そして「ジェリー」ですが、これは一見の価値有りです。
「マット・デイモン」と「ベン・アフレック」の弟の二人が
荒野で道に迷って生還したは一人だったという
二人の言動のみの歩くサバイバルムービーです。
「ジェリー」とは「どうしようもない奴」のことを言うらしいです。
たくさん映画を観ている人は、きっと面白いと感じるでしょう。

機会がなくて「ラストデイズ」はまだ未見です。

| ワトソン | 2007/08/22 07:48 | URL |

しつこくてスミマセン

「ジェリー」面白そう!!探してみます~
ガス・ヴァン・サントといえば「マイ・プライベート・アイダホ」ですよ!
(でももしかしてワトソンさんはホモが題材の作品は嫌い?
だとしたら気に入らないかも・・・)

| わさぴょん | 2007/08/23 06:36 | URL | ≫ EDIT

わさぴょんさんへ

こんにちは~
「ジェリー」は会話を楽しむ作品です。
たぶんふたりはホモでは無かったと思います。(^^;
「マイ・プライベート・アイダホ」も未見です。
ホモが特に嫌いでは有りませんが
リアル過ぎて大人の恋愛物が苦手です。
初恋物は好きなのですが。(^^;
機会があれば挑戦してみます。
情報ありがとうございました。

| ワトソン | 2007/08/23 07:39 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mystones.blog58.fc2.com/tb.php/85-4cd723fc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。