好きな映画をさがして!

人に薦めたい映画DVDを、B級、洋画がメインに、独断有り、勘違い有り、思い込み有りですが、少しだけ鑑賞の参考になれたら幸せです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「異人たちとの夏」の本

異人たちのいた夏
異人たちとの夏 (新潮文庫)異人たちとの夏 (新潮文庫)
(1991/11)
山田 太一


最近、わが町に新図書館が出来たので気になって見学してきました。

図書館というのも久しぶりです。ということで一回り背表紙を見て廻りました。
そこで目に止まったのが大きな字の本コーナーにあった山田太一の「異人たちとの夏」でした。
手に取ってみると字が大きいので一気に読めそうな気がして、
借りてきました(他に全部で5冊も)。
以前文庫で読んだ時と内容的にも違っているような感覚がありました。
DVDも持っている好きな作品だったのですが、新鮮な違和感がありました。
たぶん映画でみたイメージが強かったのでしょうね。

とにかく面白い作品です。
両親のぬくもりが一番の収穫でした。

内容
主人公のTVシナリオライターが故郷の浅草で
死別した両親に似た夫婦となつかしいひとときを過ごす、
一方同じマンションで知り合ったワケあり女性と
恋愛関係になるが、気がつくと顔がやつれていて
精気が無くなって行く様なのだった。
まるで牡丹灯籠の主人公のように・・・


おっと忘れるところでした
なぜ今山田太一かというと実は新作小説「空也上人がいた」を
買ったのでした。
今回は文字も大きくて読みやすい作品でした。
ヘルパーと老人とケアマネージャーの
つかの間のふれあいが切ない作品で
映像化に発展してほしいと願わずにはいられません。
是非御覧ください。
空也上人がいた (朝日新聞出版特別書き下ろし作品)空也上人がいた (朝日新聞出版特別書き下ろし作品)
(2011/04/07)
山田太一








スポンサーサイト

| 面白かった本 | 07:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mystones.blog58.fc2.com/tb.php/919-bc87cf49

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。