好きな映画をさがして!

人に薦めたい映画DVDを、B級、洋画がメインに、独断有り、勘違い有り、思い込み有りですが、少しだけ鑑賞の参考になれたら幸せです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ショーシャンクの空に★★★★★

ショーシャンクの空に ショーシャンクの空に
ティム・ロビンス (2006/07/14)
ワーナー・ホーム・ビデオ
この商品の詳細を見る


監督:フランク・ダラボン(グリーンマイル)
   ティム・ロビンス
   モーガン・フリーマン
   ウイリアム・サドラー(ロズウェル)



アカデミー賞無冠の
感動のヒューマンドラマ

★★★★★の満点






銀行家の囚人アンディ(ロビンス)がその才能をいかし
30年かけて脱獄するのを暖かく見守る
古参の調達屋レッド(フリーマン)の視点から語られる、
希望が湧いてくる感動的なドラマです。

ストーリー
若き銀行家のアンディ・デュフレーン(ティム・ロビンス)は泥酔の末、妻と間男を殺害した容疑者として、裁判で有罪となり終身刑を宣告されショーシャンク刑務所に入所してくる。
古株の調達屋キッド(モーガン・フリーマン)は他の受刑者と違うアンディーに興味を覚え静かに見守っていたが、周囲になじまないアンディはホモの古受刑者に狙われ地獄の2年間を過ごす。
ある日屋根の塗装修理の仕事にキッド達とアンディが選ばれる。
そこで作業をしている時に聞いた、看守長の遺産相続の税金の悩みをアンディーが解決してしまう。その事がきっかけでアンディーは皆から一目置かれるようになるが・・・

感想


モーガン・フリーマンの暖かい視線とナレーションが
このドラマを支えています。
ティム・ロビンスの多くを語らない押さえた演技。
淡々とゆっくり日々は過ぎ去ってゆくが、
銀行家は希望を失う事はなかった。
チェスの駒を石で1式作ったりする気の遠くなる
時間さえも希望を持てば何時か叶うのですね。
この作品を観終わった後の感動は体験しないと解りません。
是非何度も鑑賞出来る幸せを掴んでください。
142minの長さを忘れるほど引きずり込まれました。

一家に1つ持ちたいの傑作ドラマです。

いまでは廉価で手に入るので私も購入しました。(今頃かよですが)
(ジャケットの写真は下水を抜けた後で自由になった時
の喜びを叫んでいます)たぶん(^-^;)



ゴールデンボーイ―恐怖の四季 春夏編 ゴールデンボーイ―恐怖の四季 春夏編
浅倉 久志、スティーヴン キング 他 (1988/03)
新潮社

この商品の詳細を見る


このスティーブン・キングの文庫の「刑務所のリタヘイワース」を映像化した作品です。

映画と原作本と両方を鑑賞される事をお勧めします。

他のプリズン物でお勧めは「アルカトラズからの脱出」が有ります。
スポンサーサイト

| 脱獄映画 | 18:11 | comments:17 | trackbacks:6 | TOP↑

COMMENT

パッチです♪トラックバックおっけーです♪

この映画はすばらしいですよねっ♪
家に置いておかなければならないと言っていいほどの作品だと思います♪

私の「ユージュアル・サスペクツ」の記事にワトソンさんからコメントいただきましたけど、そのコメントへの私の返事を読んでほしいです♪
すごいですよっ!!びっくりしますよっ(^_-)-☆

| パッチ | 2006/09/09 01:28 | URL |

こんばんは!コメントをいただきありがとうございました!おおーっ。満点ですねっ!

TBさせていただきますね!

| 髭ダルマLOVE | 2007/05/23 00:46 | URL | ≫ EDIT

こんにちは コメントとTB有難うございます。
こちらもTBよろしくです。
良い作品はみんなに薦めないとねえ。

| ワトソン | 2007/05/23 10:16 | URL |

こんにちは!
ワトソンさん。
コメントいただきありがとうございました^^
TBもよろしくお願いいたしますね☆
応援して、帰ります♪

| ぴーち | 2007/07/16 20:27 | URL |

ぴーちさんへ

こんばんは~
コメントとTBと応援もありがとうございます。
こちらからもTBよろしくお願いいたします。
この作品もPSPでなんと¥980で販売されていて
買って見たのですが、画面が小さくて持て余してます。
何処へでも持ち歩けるのは良いのですが(^^;

| ワトソン | 2007/07/17 00:06 | URL |

おはようございます^^
PSPのUMDを購入されたんですね^^
画面が小さい・・・確かにあの縦5.5cm
横9・5cmのスクリーンでは、迫力は伝わらないですよね!一応の流れだけは掴めるかな~という感じですが、
便利なことは便利ですよね。
ドラえもんの道具のように、コンパクトにしまえて
広げたら、畳一畳分くらいに広がってくれるのなんていうのが、あればいいのに~。
というこで、仕事の時間なので
また後ほどお邪魔致します!

| ぴーち | 2007/07/17 08:31 | URL |

ぴーちさんへ

こんにちは~お仕事おつかれさま~
PSP格安新作ソフト好いのが出ています。
「燃えよドラゴン」「ハムナプトラ」「ハリポタ」とかですが。初見にはどうかな~ですね。繰り返し味あう作品用ですね。筋だけ判っても~ですね。
「ドラえもん」はどこへ行ったのかな~。
鬼太郎は復活したけど(^^;
実は水木作品のファンです。

| ワトソン | 2007/07/17 12:40 | URL |

こんばんは!
いつも行っているレンタルショップに
息子が中古で売ってたよ!なんていう情報を
くれたので、今度、漁ってこようかななんて思ってます^^
『ハムナプトラ』は私も大好きな作品なんですが、
メインのブログでのご紹介記事を書いていないので、
今度、記事にしてみたいと思います♪
なるほど・・。繰り返し味わう作品用ですか。
使用した方のご感想が聞けて良かったです!

水木さんは『墓場の鬼太郎』ですね!

応援して帰りますね!
では^^

| ぴーち | 2007/07/17 17:46 | URL |

ぴーちさんへ

こんにちは~
「ハムナプトラ」は面白いですね。「2」も面白かった作品です。もう中古で出ているとは早いですね。
「墓場の鬼太郎」をご存知とはなかなかの通ですね。
「鬼太郎の世界」は奥が深いです。(^^;

| ワトソン | 2007/07/18 07:45 | URL |

こんにちは!
そういえば、以前ワトソンさんの記事にも
『鬼太郎』に関してのものがありましたよね!
私は通まではいかないんですが、原作が『墓場の鬼太郎』だったということだけは、以前聞いたことがありまして、その後アニメ化する時に、『墓場』ではなく『ゲゲゲ』にしたほうが良いんじゃないと意見の結果、そうなったという話は聞きました。水木さんの漫画で、恐怖新聞もありましたよね?(違ってたら、すんませんです)私は実は『エコエコアザラク』という少年誌に連載していた古賀さんの漫画が好きでよく読んでました!
最近、DVDがでたので先日レンタルして見ようとおもったら、前後巻ともDVDプレーヤーの相性が合わなかったらしく、見ることが出来なくて、悔しい思いをしたんです・。


では、応援して帰りま~す^^

| ぴーち | 2007/07/18 12:24 | URL |

呪い関係は苦手です。

こんにちは~
テレビで墓場はなじまないですよね。ゲゲゲで良かったと思います。テレビ用に作った歌の中にゲゲゲという歌があって、これしかないと決まったそうです。ネイミングは大切ですね。
「恐怖新聞」は「つのだじろう」さんでしたね。
「エコエコアザラク」の古賀さん、「梅津かずお」さんの作品は本当に怖いですよね。なんとなく苦手です。
鬼太郎は怖くないので好きです。

| ワトソン | 2007/07/18 14:58 | URL |

恐怖新聞は、つのださんでしたか(><)
失礼しましたw
確かに、梅図さんや古賀さんは、おどろおどろしいですよね~。でもホラー好きのワトソンさんなら、全然平気だと思うんですけどね~。漫画と映画の感覚は違いますかな・・。
妖怪って、隣に潜んでいても何かユーモラスな感じで
親しみやすいものかもしれませんよね^^
では~。

| ぴーち | 2007/07/18 19:30 | URL |

ぴーちさんへ

こんばんは~
梅図かずおさん、古賀新一さんの作品は救いが無くこわいです。
絵の雰囲気が怖いのです。
一方、水木しげるさんの作品は怖くないと言うか、
妖怪も何故か懐かしいのです。
ホラーについては、ゾンビとバンパイア以外は苦手です。
サイコとスプラッタは特に苦手です。(^^;
幽霊のジャパニーズ・ホラーは特に怖いですね。




| ワトソン | 2007/07/18 20:45 | URL |

はじめまして、ホーギーといいます。
何年かぶりにこの映画を観ましたが、何度観ても感動する最高の名作だと思います。
どん底の中に追い込まれながらも、希望を持って生きていくアンディの逞しさを見事に演じたティム・ロビンスと刑務所の中では冷静かつ信頼を得ていながらも、
ここでしか生きることに自信の持てないレッドを演じたモーガン・フリーマンの2人の演技は素晴らしいの一言です。
爽やかな感動を与えてくれるこの映画をもっともっと多くの
人に観てほしいと思います。
ということで、これからもどうぞよろしくお願いします。
それとTBもお願いします。

| ホーギー | 2008/05/05 01:53 | URL |

ホーギーさん、はじめまして♪

こんにちは~
コメント、TBありがとうございます。
知名度が低いですが、知る人ぞ知るこの作品は映画好きにはたまらないと思います。多くの人に観てほしい名作ですね。

これからもよろしくお願いいたします。

| ワトソン | 2008/05/05 08:11 | URL |

こんにちは!

本当に、142minという長さを忘れるくらい素晴らしい映画ですね。
だいぶ前に観たのですが、また、そのときとは違う、
何とも言えない感動が襲ってきますね。
素晴らしいですね!

| こま | 2009/02/03 12:00 | URL |

こまさん、まいど♪

こんにちは~
長い作品ですけど、中身が濃いですよね。何度みても面白いです。

なんでアカデミー賞が取れなかったのか不思議です。この感動は「フォレストガンプ」では味あえませんね。
希望という意味でも。

| ワトソン | 2009/02/03 12:42 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mystones.blog58.fc2.com/tb.php/99-c41279ae

TRACKBACK

ショーシャンクの空に

ショーシャンクの空におすすめ度{/star/}{/star/}{/star/}原題:The Shawshank Redemption制作:1994年 アメリカ制作:ニキ・マーヴィン 監督・脚本:フランク・ダラボン原作:スティーヴン・キング出演:ティム・ロビンス モーガン・フリーマン ウィリアム・サドラー ボ

| 徒然映画日記。 | 2007/05/23 00:47 |

ショーシャンクの空に

ショーシャンクの空にティム・ロビンス (2001/05/21)松竹 この商品の詳細を見るあらすじ1947年、銀行員として成功していたアンディ・デュフレーンは、妻とその愛人を射殺したという身に覚えのない罪で終身刑2回

| ピアニッシモ・ストーリー | 2007/07/16 20:26 |

ショーシャンクの空に

手持ちのDVDで鑑賞―【story】ショーシャンク刑務所に、銀行の副頭取だった若きアンディ・デュフレーン(ティム・ロビンス)が、妻と愛人を殺害した罪で入所してきた。最初は刑務所の「しきたり」にも逆らい孤立していたアンディだったが、刑務所内の古株で“調達屋”のレ...

| ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2008/10/03 16:22 |

ショーシャンクの空に

95年度キネマ旬報外国映画ベスト・ワン作品。(by goo映画) スティーブン・キングの中編小説を映画化。絶望の中、不屈の精神によって自らの運命を切り開く男を描き、世界中を感動させた傑作。 1949年、妻とその浮気相手を殺害した罪で終身刑の判決を言い渡された...

| Movie☆Diary | 2009/02/03 12:11 |

『ショーシャンクの空に』

  □作品紹介 「ショーシャンクの空に」□監督・脚本 フランク・ダラボン  □原作 スティーヴン・キング(「刑務所のリタ・ヘイワース」) □キャスト ティム・ロビンス、モーガン・フリーマン、ウィリアム・サドラー、ボブ・ガントン、ジェームズ・ホイッ...

| 京の昼寝~♪ | 2010/02/15 17:44 |

『ショーシャンクの空に』 そしてブログは回帰する

 【ネタバレ注意】  永劫回帰――ニーチェが提示したその考えを一言に集約しようなんて、哲学者諸氏のお叱りを受けるかもしれない。  無謀を承知で敢えて云おう。永劫回帰、それは「明日も今日とおんなじ...

| 映画のブログ | 2011/02/12 15:14 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。